真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

M学園騒動

やっぱり、首飾り事件と被るな……

なんだか、明らかに嘘くさいなんちゃって証拠もでてきたようですが、胡散臭さ満載。

「すべての真実を握っている」とされているノンフィクション作家というのが、これまた胡散臭くて、

コマにされているだけなのか、それとも黒幕なのか。

大阪って、おもしろいな……。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

なにかに似ているシリーズ

世間を騒がしているM学園にまつわるあれこれ。

この騒動、なにかに似ている……と。

で、思い当たりました。

マリー・アントワネットの首飾り事件。

首飾り事件 - Wikipedia

 

マリー・アントワネットはこの詐欺事件とはまったく無関係で、

むしろ被害者なのですが、

この事件が、のちの革命へとつながり、断頭台の伏線となるのですから、

たとえ真っ赤な嘘でも、対応を間違えるとリアル(真実)が侵される……という教訓になった事件です。

 

いずれにしても、詐欺師が暗躍しているのは間違いなさそう。

……妄想ですが。

漫勉

「漫勉」に夢中な、マリモさん。

f:id:mariyukiko:20170316221235j:plain

 

マリモさん、「漫勉」がはじまると、それまでどんなに暴れていても、さささぁっとテレビの前を陣取ります。

マリモさん、もしかして、前世は漫画家さんだったのかな…。

 

ところで、小学校の頃は、漫画家になりたかった私。

家族にも親戚にもクラスメイトにも「絵が上手いね〜」と褒められ、絵画コンクールでも何度か入選していて、調子こいていた私です。

授業中でさえ漫画を描いていたものですが、

あるとき、ふと、その紙を裏返してみて見ると、激しくデッサンが狂っている。

あの衝撃たるや。

初めて録音した自分の声を聴いて、そのあまりの違いに、ショックで寝込んだときと同じ衝撃でした。

それからというもの、紙を裏返したり鏡に映したりしてデッサンの狂いを確認して、練習に励んだんですが、どうも克服できない。

しかも、

あるとき、気がついたのです。

「あ、私、左向きの顔しか描いていない」と。

「描いていない」ではなくて、「描けなかった」んです。

それ気付いたとき、「あ、私、絵の才能ないな」と悟り、漫画家になる夢も諦めました。

そんな程度で諦めるんですから、大した夢ではなかったんだと思います。

さて。

「漫勉」を見ていると、どんな大御所さんでも、超絶絵が上手い天才さんでも、かならず原稿を裏返したりして、デッサンの狂いを確認しています。

そして、日々、デッサンやクロッキーの練習をしている。

……なにか、泣けてきました。

 

あんなに簡単に諦めた私が情けなくなり。

 

さてさて。

私が漫画家を目指していた頃、来る日も来る日も模写していた「愛と誠」。

(だって、構図も人物も、どれも素敵過ぎて、模写しないではいられなかった)

そのながやす巧先生が、来週のゲストだそうです。

デビュー以来、一切アシスタントを使わず、一人で描いてらっしゃる先生(たった一人で、梶原一騎原作の作品を毎週描いていたなんて! しかも、あのクオリティ! 超絶すぎます)。

その孤高な現場、とても気になります。

 

 

スターリン

スターリンの番組を見て。

残虐な独裁者の共通点は、

ロマンチスト(理想家)、そして強烈なコンプレックス。