真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

角質がポロポロと……

某テレビ通販で、ピーリングジェルを紹介しています。

で、「こんなに角質が!ポロポロと!」と、そこらの素人にジェルを塗ってピーリングを体験してもらっているんですが。

……うーん、それ、本当に角質?

ジェルの中に含まれているなにかの成分が摩擦の反応で固まっているだけなんじゃないかと……。

まあ、多少は角質も含まれているんでしょうが。

仮に、全部角質だったとしたら、ちょっとやばい。

あんなにごっそり取れたら、皮一枚分剥がれている。つまり、肌を守るバリヤーが侵されていることになる。

 

というか、あんなに手軽にピーリングができていいものなのか。

だって、皮を削ぐ……というか剥ぐんですよ?

どうしてもピーリングしたいときは、ちゃんとした皮膚科でお医者さんに施術してもらったほうが安全だと思うんですが。。。

 

テレビ通販は、まさに玉石混合だな……と。ここ数ヶ月、複数の通販番組をみてきて、ちょっと目も肥えてきました。

 

追記。

学生時代、エステサロンでバイトをしていて、いろんなトリックを目の当たりにしてきました。

「こんなに大量の汗が!」とか「角質ぽろぽろ!」的なものは、マジックに近いです。

つまり、種がある。

……まあ、30年近く昔の話ですから、今はもっと良心的になっていると信じたいものですが……

 

追記2

ところで、ピーリングジェルと似たような商品に、一時期流行った「スクラブ」洗顔というのがあります。

「スクラブ」は、今、世界的に自主禁止にしている成分です。

「スクラブ」とは極小のプラスチックビーズのことで、下水処理のフィルターを通り抜けてしまうんだそうです。つまり、プラスチックのビーズが川や海に流される……と。なので、みんなが使い続けると深刻な汚染になるからです。

それ以前に、プラスチックのビーズで洗顔しているってことは、肌にはかなりのダメージがありますよね。

私も学生の頃はニキビがすごくて、ザラザラしたテクスチャーの洗顔料を使ってました。ザラザラしているとなんだか洗顔した感がすごいので。

でも、前述のエステサロンの先輩に「そんな洗顔したら、ますますニキビがひどくなる。騙されたと思って、洗顔料、やめてみて。石鹸か水だけで洗うの」

半信半疑で水洗いだけにしてみたら、あら、不思議。ニキビはすっかりなくなりました。

それ以来、石鹸か水だけの洗顔で済ましています。あれから30年。

 

 

追記3

 

ピーリングジェル、検索したらこんな動画を発見!

やはり、私の推測は正しかった模様です。

www.youtube.com

女の勲章

ドラマ「女の勲章」。

まさに、ファッション界を舞台にした「白い巨塔」でした。

銀四郎の野望が半端ない。

山崎豊子原作ですから、ただの女性成功譚ではないと思っていましたが。

むしろ、八代銀四郎(玉木宏)の黒い野望がテーマのように思いました。

でも、その銀ちゃんも哀れなんですよね。。。ラスト、ストーカー扱いされちゃって。

(いや、後半のつきまといは、マジでガクブルのホラーでした)

あの重たい束縛も、あるいは愛だったのに。見事に拒否られて。

結局、銀ちゃんも男の勲章を手に入れることはできなかった。

 

女性が成功し認められるには、その黒幕として「男性」の存在が必要で、往々にして女性は傀儡となるしかなくて。それは今も続いているかもしれません。

女の時代だなんだと言われてもう何十年も経つけれど、女がその手で「勲章」をもぎとる難しさを示唆した作品でした。

ラスト、ちょっと泣いちゃいましたよ。。。

 

マリモクッション

ベッドを作るときに出た端切れでクッションを作ってみました。

マリモさん、早速、気になるようで

f:id:mariyukiko:20170416193545j:plain

 

 

f:id:mariyukiko:20170416193849j:plain

 

なんか、感触が… 

f:id:mariyukiko:20170416193611j:plain

 

気がつきました?

枕に入っていたビーズ?的なものを入れてみました。

 

 

集団行動が苦手

改稿作業をしようと思いましたが、血圧が上がったので、他の仕事に移動。

新連載の原稿です。

第1回目の原稿で締め切りはすぐそこまで迫っているんですが、タイトルも含め、方針も見せ方もまったく決まっておらず。

ですが、血圧が上がったのが功を奏したのか、今、プロットの神様が降りてきました。

で、頭の中で、一回目の舞台と流れが決定。

うーん、これは面白くなりそう!

明日、早速、取材に行ってこようかと。裁判所に。

 

……こんな感じで、はたから見たらまったく無責任で無計画に、毎回執筆がはじまります。

取材も思いついたら……という感じなので、大概、一人です。

というか、一人のほうがいいんです。

思えば、昔からこんな感じでした。

幼稚園の頃。

集団でスクールバスに乗らず、たびたび、一人で勝手に帰ってしまうことも。

だって、歩いたほうが早かったものですから。

スクールバスに乗ると、関係ない方向をぐるりと回るので、どうしても遅くなってしまう。だから、見たいテレビが見られない……なんてこともありましたので、「じゃ、お先に!」と一人で帰っていました。

それが問題になったようで……。叱られて。

そんなこんなで、集団行動にはずっと悩まされてきました。

たぶん、そのたびに体にも異変が起きていたのでしょう、かなり変で妙な大人になってしまいました。

 

なので、今も、待ち合わせとか時間厳守的な条件があると緊張してしまうんです。

遅刻はしたくない、約束は守りたい、迷惑はかけたくない……という律儀な性格も同居しているものですから。

 

というこで、今回の新連載も、フリーダムな形で進められたら……と思っております。

職業病

今日は穏やかな夏日。

掃除して洗濯して、爽やかな気分で過ごしました。

なので、血圧も安定。

 

……が、仕事をはじめようかとデータを開いたとたん、イライラが発生。頭に血がのぼり気が遠くなる感じがして血圧を測ったら、急上昇(⌒-⌒; )

 

やはり、私の血圧上昇は、仕事とリンクしているようです。

 

この仕事も、長くは続けられないな……と。

でも、当分は続けたいと思うので、上手に付き合わなくては……と色々と模索中。

そのひつとが、指摘や注文や質問に素直に向き合わないこと。

私の場合、指摘や注文と質問に向き合っているときが、一番、神経が荒ぶるんです。

なので、なるべく見ない聞かないようにして(もちろん、聞いているフリはします)、華麗にスルー。

 

ですが、あまりお勧めしません。

体力とメンタルに自信がある方は、とことん意見を戦わせるが吉。

私の場合は、これをやり続けると間違いなく死ぬので、やんわりとかわすしかないのです。