真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

アニサキス

そういえば、「アニサキス」を「アニキとキス」とずっと間違えて覚えていた知人がいました。

 

さて。ここんところ、芸能界では「アニサキス」被害が蔓延しているらしいです。

なんでも、寄生虫の被害は、ここ数年ウナギのぼりで増えているんだとか。

その原因のひとつが、「油断」。

日本の環境衛生がよくなりすぎて、寄生虫は過去の遺物だと考える人が多くなり、危機感がなくなったのが原因です。

寄生虫が身近だった頃は、それこそ、一人一人が身を守るために慎重でした。肉や魚を切るまな板と野菜を切るまな板を別にするとか(もちろん、包丁も)。

イカやサバを生で食べるときは、よくよく観察して虫(アニサキス)を一つずつ除去していくとか。

一般人でも、このぐらいのことは最低でもやっていたんですが、今は、そこまでやりませんよね?

 

ケッペキショウな私は、包丁やまな板は素材ごとに分けてますが、それを見た知人に「やりすぎ」と呆れられたものです。

私からいわせれば、生肉をカットしたまな板や包丁を使って、サラダ用の野菜をカットする人の料理なんか、絶対、食べたくないですけどね!

(以前、そんな話を担当さんとビストロでしていたら、隣に座っていた見知らぬマダムに、「その通り! 肉魚と野菜は分けないと、食中毒になるわよ。私の友人も先日、それで食中毒になったもの」と、賛同をいただきました)

で、話題のアニサキス

アニサキスは、本来、ヒトには寄生できないんです。

だから、うっかりヒトの胃の中に入った場合、必死で抗うんですね。

胃を破って、逃げようとする。それが、激痛なんですよ、人間にしてみれば。

なので、アニサキス、痛いですけれど、人間の体内で生きることはありません。

怖いのは、人間の体にすんなり寄生してしまう、豚肉とかに寄生しているアレです。

……詳しくは、拙著「孤虫症」をごらんください。

 

この時期こそ、「孤虫症」ですよ!

ミステリーを楽しめて、なおかつ寄生虫の勉強にもなり、さらにダイエットにもつながるという、一粒で三度美味しい小説です。

といいながら、私は二度と読み返したくないですけどねw

 

ということで、ちょっと宣伝でした。

 

真の敵は、内にあり

欠かさず見ている「ドクターG」。この番組、ご存知でしょうか。

とある病に侵された患者をドラマで再現、データと症状をちょっとずつ見せて、研修医たちに病名を推理してもらう……という、かなり専門的な内容なんですが、ミステリー仕立てでもあり、エンタメ番組としてかなり楽しめます。

これを見ていてて、つくづく思うんです。

人間にとって一番の敵は、自分自身なんだな……と。

というのも、本来は、自分自身を守るはずの自己免疫システムが暴走して引き起こされる病が、どれも重篤で。

先日放送された「全身性エリテマトーデス」*は、恐ろしいことに、自己免疫システムが己の全身を攻撃、脳まで攻撃して、脳の組織を破壊するという。結果、脳梗塞を引き起こし、助かったもののリハビリ生活を余儀なくされました。まだ二十代の女性なのに……。

このような自己免疫疾患で有名なのが、リウマチ(膠原病)。長らく原因不明の病でしたが、近年、徐々に原因がわかってきました。

膠原病というのは、めちゃくちゃざっくり簡単にいうと、自己免疫が自身の体の細胞を敵とみなし、攻撃しつづけること。それにより、骨や肉、内臓が炎症を起こす……というものです。つまり、自分が自分で引き起こす、炎症なんですね。

なので、治療しては、自己免疫を制御するステロイドなんかが処方されます。

でも、そもそも、自己免疫システムは、外敵から身を守るために重要なシステム。それが、なぜ、暴走するのか?

 

……ここからは、私の妄想推理なのですが。

膠原病などの自己免疫疾患は、圧倒的に女性に多いんだとか。

なので、「女性ホルモン」を疑う人たちもいます。

でも、なんとなく、説得力に欠ける。

ところで、美容整形などで体内にシリコンを入れたのがきっかけで、膠原病に似た症状を引き起こすという事例があります。

その名も「ヒトアジュバント病」

kotobank.jp

 

シリコンを「敵」だとみなし、自己免疫システムが起動するのです。でも、シリコンはずっとそこにあり続けるので、自己免疫も攻撃し続ける。やがて、攻撃が過激化して、全身に炎症を引き起こす……というものらしいです。

 

つまり、自己免疫システムは暴走しているわけではなくて、巨悪をやっつけようと武装し続けて、必死で攻撃しているわけです。

ドン・キホーテのように。

なので、巨悪(シリコン)が取り除かれると、ヒトアジュバント病は完治するらしいのですが、細胞組織に付着したシリコンがそのままだと、完治は難しいのだとか。

 

あと。

女性の場合、妊娠、出産で、自己免疫疾患が発症する場合もあるようです。

胎児は「異物」ですから、免疫システムにとっては敵というわけです。

でも、大半は、女性ホルモンがうまく調整して、自己免疫が暴走しないようにしているかもしれません。

でも、中には、遺伝的な要素とかなにかバッドタイミングが重なって、この調整がうまく行えなくて、自己免疫が暴走する……らしい。

 

で。私がずっと疑っているのは。

女性が他人の細胞を取り入れる最大の機会。

それは、後尾です。

最近の研究では、女性の中に入った精子の遺伝子情報は、女性の細胞に残されるんだとか(うろ覚えですが。ちゃんとしたソースは、また改めて)。

ということは、処女ではない女性の細胞内には、自分のものじゃない異物がうじゃうじゃ共存していることになる。。

これが、自己免疫細胞が暴走するきっかけになるんじゃないのかしら?と。

というのも、リウマチなどは、20代〜40代の女性が圧倒的に多く、つまり、女盛りの時期とぶつかるわけです。

 

どこか偉いひとが、その辺のこと、調べてくれないかしら。

交尾と自己免疫疾患の関係を。。

 

と、こんな土曜日の午後、こんなことを考えているのは、

この夏発売予定の「祝言島」の原稿を読み直していたからです。

祝言島」は、ある意味、自己免疫システムの暴走の話です。

 

敵は、己の内にあり。

 

*全身性エリテマトーデス - Wikipedia

 

 

 

ローズガーデン其ノ弐

ご近所で、またまたローズガーデン発見!

f:id:mariyukiko:20170512172002j:plain

 

f:id:mariyukiko:20170512172029j:plain

庭いじりをしていた家の人に「素敵ですね」と声をかけたら、「お持ちになる?」とバラを分けてもらいました^_^

部屋の中に飾るとマリモさんの格好の餌食となるので、玄関先に飾ってみました。

そんな素敵な週末の午後でした。

 

f:id:mariyukiko:20170512172255j:plain

マリモさんゲー

マリモさんが、二週間ぶりにゲーをしました。

でも、いつもと様子が違う。

いつもなら、カリカリ形状そのままなやつが吐き出されているんですが、今日は、それとは別に、ウンチョリーナのようなものが!

しかもでかくて長い! 私の親指1本って感じです。

そんなのが、おもちゃ箱に巧妙に隠されていましたw

まさか、マリモさん、粗相をしたのかしら?

と、よーく見ると、なんだか質感がウンチョとはちょっと違う。

早速検索してみましたら、毛玉でした!

マリモさん、生まれて一年と半年で、初の毛玉ゲーでございます!

画像をアップするのは控えますが、

なんだか嬉しい私です。

 

追記。

マリモさんにとっては、二度目の春の換毛期。

大人になったせいか、その抜け毛もかなり多い。

ダイソンが大活躍ですが、

でも、短毛だから……とちょっと油断して一日置きのブラッシングですませていたのです。それが原因で、胃の中で毛玉が大きくなっちゃったのかもしれません。

(普段なら、ウンチョと一緒に毛も排出されます)

マメにブラッシングしてあげないといけませんね。

出すもん出して、うーん、スッキリですわ

f:id:mariyukiko:20170512003359j:plain

 

……放心状態

f:id:mariyukiko:20170512003442j:plain

 

 

藤田嗣治と猫

今日は、この絵を目当てに、美術館へ。

レプリカがあったので、迷わず購入。

f:id:mariyukiko:20170511190004j:plain

 

そして、こんな本も。

f:id:mariyukiko:20170511190033j:plain

 

どこを捲っても、猫まみれ

f:id:mariyukiko:20170511190102j:plain