真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

ネコメンタリー始末記

第一回が放送されてから、ずっとファンだった「ネコメンタリー 猫も杓子も。」に、まさか、自分が出演することになるなんて。。。

いまだ信じられない心境です。

なにしろ、ほぼ猫初心者。それまで猫が殊更好きだったわけでもなく、むしろ苦手で、どちらかというと、犬派でした。

 

ずっと、ペットが欲しかった。

でも、ペット不可の部屋に住んでいたし、おひとり様なので、私には高嶺の花よね……と半ば諦めていたとき。

念願の「ペット可」の部屋に住むことが叶いました。

それが、遡ること、5年前。

「飼うんだったら、もう今しかない」と、真剣にワンちゃん探しをはじめたのでした。

歳も歳だし、ワンちゃんを看取るまでお世話するには、今がタイムリミットだと思ったのです。

担当さんに付き合ってもらってショップをめぐったり、保護犬の情報が載っているサイトを覗いてみたり。

そんなこんなしているうちに、1年が過ぎようとしていました。

 

そう、2016年の2月のことです。

某デパートで買い物をしていたとき、ふと思い立って、ペットコーナーへと立ち寄りました。

アクリル板の壁で囲まれたプレイルームにいたのは、数匹の子猫。

「にゃーにゃー」と、いかにも、可愛らしい様子で戯れています。

「きゃーかわいい!」とギャラリーからも黄色い歓声が。

と、隅の暗がりのほう見ると。一匹の灰色の子猫が

「くるなー、こっちにくるなー」と、怯えるように他の猫を威嚇しておりました。その尻尾はみごと膨らんで、垂れ下がって。

私の隣にいた、ギャラリーの一人が言いました。

「あの灰色の子はダメね。まったく社会性がない。性格も難しそう。たぶん、誰にも引き取ってもらえない」と。

なんだか、カチンときたんです、私。

私のことを言われたわけじゃないのに。

で、その灰色の子猫を注目していると、まあ、確かに社会性はゼロ。

他の子猫が「遊ぼー」とちょっかい出してきても

「くるなー、くるなー」と、爪を立てて抵抗しています。

そんな様子を見ていて、唐突に思ったんです。

「あの子だ。あの子と暮らそう」

と。

それが、マリモさんとの出会いです。

犬を飼うはずが、気がつけば、隣にいるのは灰色の猫。

まあ、人生とはそういうもんです。

 

で、マリモさん、社会性ゼロ、難しい性格のまま二歳になりました。

消防点検のおじさんが部屋に入るだけでも、食欲がなくなるような人見知りさん。

心を許しているのは、私と、定期的に通っている動物病院の先生とトリマーさんだけ。

 

あるとき、ふと思いました。

「私がいなくなったら、この子、どうなるんだろう? こんなに人見知りが激しくて、気難し屋さんで。誰も引き取ってくれないかも……」

こんなことも思いました。

「なにか大きな災害があって、避難所とかで暮らさなくてはならなくなったとき、マリモさん、そんな環境に我慢できるかしら。知らない人や知らない動物がたくさんいるような環境に」

そして、こんなことを考えはじめました。

「マリモさんのご学友を今のうちに」

が、多頭飼いが難しいことは、いろんな本やサイトを見て理解はしてました。

孤独を好む猫。多頭飼いがストレスになることも。

だからといって、このまま、私とマリモさんの二人だけの閉じた世界を続けてもいいものか……。

そんな葛藤を抱きながら、マリモさんのご学友探しがはじまりました。

多頭飼いをはじめるには、先住猫さんの年齢が重要だと聞きましたので。

年齢がいけばいくほど、難しくなる。

だから、マリモさんが3歳になる前に、見つけよう。見つからなかったら、このままふたりっきりで。

そんな、どこか運試しのような感じで、保護猫サイトをのぞいたり(でも、おひとり様で半世紀以上生きている私には、保護猫を譲り受けることはできないんですけどね)、ショップをのぞいたり。

 

そして、去年の4月。

マリモさんのトイレの砂が切れてしまい、でもAmazonでは間に合わなくて、仕方なく近所のショップを検索して、買いに行ったときのことです。

はじめてのショップ。

ドアを開けた瞬間、猛烈な視線を感じました。

視線の元を見てみると、マリモさんと同じ灰色の子猫が、じっとこちらを見て、そして、しきりに瞬(まばた)きをしているんです。

どきっとしました。

だって、猫って、なかなか瞬きしてくれない。

マリモさんですら、してくれたことがない。

猫の瞬きは、強い信頼関係の印で、滅多におめにかかれない。

そんな知識があったもんですから、

「この子だ!」と、咄嗟に閃いてしまいました。

そして、トイレの砂を買いに行ったはずが、なぜか、灰色の子猫を持ち帰るという。。。。

それが、モナミちゃんでした。

 

私の閃きは間違ってはいなかったようです。

初めの数ヶ月は、新参者に警戒しまくっていたマリモさん。

尻尾が狸のように膨らみ、でも、垂れ下がっている。そんな毎日でした。

一方、尻尾をぴーんと立てて、

「おねーちゃま、おねーちゃま」と、

果敢にじゃれつくモナミちゃん。

じゃれつきが喧嘩になることも多いのですが、よくよく観察してみると、どちらとも爪は立っていません。

 

そうこうしているうちに、「ネコメンタリー」の出演依頼が。

去年の暮れのことです。

正直、悩みました。

それまでのネコメンタリーの猫さんとはまるで違う、

一見、修羅場に見えるマリモさんとモナミちゃんの激しいじゃれあい。

画(え)にならないんじゃ……。

なによりNHK的にNGなんじゃ……。

それ以前に、マリモさんが、撮影クルーを受け付けないんじゃ……。

でも、ダメもとで引き受けることに。

案の定、撮影2日目まで、マリモさんはどこかに隠れて、一向に出てこない。

その穴を埋めようというのか、大はしゃぎなモナミちゃん。目にもとまらない速さで縦横無尽に飛び回ります(そのせいで、膀胱炎になるという。。。)

モナミちゃんの動きが激しくて、

「お、追えない……」と嘆くカメラマンさん。

 

ああ、これじゃ、撮影にならないな……と暗い気持ちに沈み込んでいた撮影3日目、

ようやくマリモさんが顔を出してくれました。

そして、人(猫)が変わったように、カメラの前でポーズ。

モナミちゃんが来る前だったら、まったく考えられなかったこと。

ああ……。

喧嘩ばかりだけど、それなりに社会性を学んでいてくれたのだな…と、親バカな私はひっそりと涙。

これで、いつ死んでも、この子たちは大丈夫。

 

いやいや、死にませんよ。

あの子たちより先には!

頑張ります。

今年もよろしくお願いします

なんだか、かなりのご無沙汰になってしまいました。

気がついたら、2019年。

去年の秋口から年末進行の前倒し仕事に追われ、

それらをバッサバッサと華麗にやっつけ、

ようやく年賀状も投函し、

やれやれ、ようやく一息つける…と思った年末、事件が次から次へと。

結局、一息つく間もなく、年が開けてしまいました。

 

で、最も大きな事件は、母の危篤です。

この一年、入退院を繰り返してた母ですが、いよいよ心肺停止。

その報せを受けて病院に駆けつけると、

チューブだらけの痛々しい姿で横たわっていました。

 

心肺停止はしましたが、心臓マッサージで蘇生、

チューブだらけになって、なんとか命をつないでいる状態でした。

終末医療の現実を思い知らされました。

 

こんな状態で、辛いだろうな。

本来なら、心肺停止した時点で寿命。そのままあの世に逝ってしまったほうが、本人的にはよかったんじゃないか?

医学の進歩で生き返らせてしまったが、こんなチューブだらけで、本人はどう思っているのだろう?

 

それをどうしても本人から聞きたくて。

 

本日、お見舞いにいってきました。

相変わらず寝たきりで、チューブにつながった状態ですが、会話はなんとかできるまでに回復。

 

訊くなら今しかない!と思い、

「心肺停止したのは、覚えている? 一度、死んだんだよ?」

すると、

「うん」

なんでも、病室の天井から、故人となった親族がぞろぞろやってきたんだそうです。

で、一番仲の良かった姉が手を差し伸べてきて

「こっちに来る?」と。

母がその手をとろうとした瞬間、

はっと、目が覚めたんだそうです。

見ると、白衣を着た医者が、チューブを持ってこっちを見ている。まるで、金棒を持った鬼。

そのチューブはいや。痛いのはイヤ…と、母は死んだ振りをしようとしたんだそうです。

が、チューブがこっちにやってきて、思わず、

「いやだ」

と、払いのけてしまった。

つまり、死んだ振り、失敗。

そして、気がつけば、チューブだらけに…。

できれば、あのまま姉の手をとって、あっち側に行きたかったと、母。

でも、生き返ってしまったのは、きっと、こっち側に未練があったんだろうな…とも。

 

いずれにしても。

死の執行猶予を与えられた母。

その期間がどのぐらいなのかは分かりませんが、

この機会に、伝えたいことはすべて伝えておいてほしいものです。

 

あ、そして。

お迎えに来たあの世の親族たち。

みんな、それぞれ苦労の末、苦渋に満ちた最期でしたが、

母をお迎えにきた彼らは、みな幸せそうな顔をしていたそうです。

その様子を見て、

死ぬことはもう怖くない…と思ったんだとか。

 

臨死体験をした人はみな、そう言います。

「もう、死ぬのは怖くない」

と。

 

いったい、脳にどういうプログラムが仕込まれているのか分かりませんが、

臨死体験は、幸福感に充ち満ちているんだそうです。

脳内麻薬のなせる業かもしれません。

 

それとも。

本当に、「あの世」はあって、

そこは、楽園なのかもしれません。

 

 

性的弱者とは

性的弱者とは。

それは、男性のほうだと思うのです。

だって、男性は、どんなに教養があってもどんなに地位が高くても、

場所も立場も年齢もわきまえず、性欲がむき出しになってしまう瞬間がある。

昔ならいざ知らず、現在、公共の場所(例えば電車の中)とかで、性欲がむき出しになったら、間違いなく、その人の人生は終わります。

そんなリスクがあると分かっていても、男性はその刹那の情熱に身を任せてしまうときがある。

なぜ?

それは、男性は、万年発情期の呪いをかけられてしまっているからです。

 

さて。

本来、生物には発情期というのがありまして。

交尾のシーズンはちゃんと決まっていて、そのシーズン中はメスもオスも、おもいっきり、子孫を残す行為に没頭することができます。そして、シーズンが過ぎれば、性欲も消滅。

ですが、ヒトの女性は、進化の過程で、発情期を捨てました。

性器も隠すことにしました。

なぜか。

男性の意識を、365日、24時間、常に、女性に向けさせるためです。

男性は、女性が妊娠に適した時期にあるかどうか、常に気にしなくてはならなくなり、その準備をしておく必要にも迫られました。

結果、男性は万年発情期に。

365日、24時間、女体を妄想してムラムラしてしまう呪われた存在になってしまったのです。

極端にいえば、

女性は「交尾」を餌に、男性を「奴隷」にすることに成功したのです。

 

古代、

人類は、女性が中心の世の中だったと考えています。

交尾という人参をぶら下げて、男性を翻弄し働かせていたと。

が、時は流れ、

あるとき、虐げられていた男性側が革命を起こし、

現在に続く、男性優位な世界が構築されていったんじゃないでしょうか。

なにしろ、体力も腕力も、男性のほうが上ですからね。

「暴力」という手段をとられたら、女性は手も足も出ないのです。

そうして、

本来ならば、女性の「武器」であった「性的」なものが女性の弱点となり、

男性に搾取されるようになる。

男性も、それまでの恨みをはたすべくき、女性の性を弄んできた。

……で、今にいたる……と。

 

では、未来はどうなるか?

(男性だけが持つ)Y染色体は消えつつある運命。

つまり、そう遠くない将来、「男性」は消滅。

アブラムシのように女性だけの単為生殖になるか、

タツムリやミミズのように雌雄同体となるか。

いずれにしても、

その頃には、文学や映画や漫画や絵画や音楽などの芸術は廃れていることでしょう。

なぜなら、

芸術全般は「性欲」のはけ口のようなものであり、「性欲」を発散しそして閉じ込めるものだからです。

 

 

まあ、

あくまで、個人的見解ですが。

鳩と霊

今、とある実話怪談を読んでいて。

「鳩が集まるところには、霊も集まる」という一文が。

気になって「鳩、霊」で検索すると、体験談が次々と!

 

で、思い出しました。

四年ほど前のことです。

X市のマンションを売却し、残ったのは、山のような本とどうしても捨てられないあれこれ。

自宅に運びたくても、自宅はもうすでに荷物がぎゅうぎゅう。

これ以上は無理と、別に借りることにしたんです。

せっかく借りるんだから仕事場にもしようと思い、

眺めのいい物件を探しました

そして、見つけました。

住所は千代田区番町、皇居にもほど近い超一等地に経つ、高級マンション。

そこのワンルームが相場より安く出ていたんです。即決。

まあ、有頂天でしたね。

「憧れの番町に、(仕事部屋のワンルームとはいえ)部屋を借りられる身分になったんだ!」と。

 

ところが、その部屋は、内見のときから気になることがありまして。

臭い。

なんだかよく分からないのですが、

スパイシーな臭いがするんです。

体臭のようでもあり、カレーのスパイスのようでもあり。

前に社員旅行でいった東南アジアの空港を彷彿とさせるような、そんな臭い。

空気清浄機、芳香剤、消臭剤、いろいろと買ってみましたがダメ。

スパイシーな臭いが部屋に染み付いている。

その部屋にいると、私の体にまで染み付いてしまいそう。

でも、その部屋を訪れた人は誰もが「なにも臭わない」っていうんです。

 

なんだか、足が遠のきました。

たぶん、日本で一番の一等地、そして一番の眺めであるはずなのに、その部屋にいることが苦痛になっていったんです。

 

しかもです。

その部屋のバルコニーは、ちょっと油断すると鳩のフンだらけになるんです。

フンが山盛りになるんです。

鳩の鳴き声もすごい。

でも、鳩を実際に見る機会はなく。

鳩の気配がしたと思い視線をバルコニーに移しても、なにもいなんです。

残されるのは、フン。

そして、私は、掃除に明け暮れました。

フンを掃除するために通っていたようなものです。

 

その部屋は、一年を待たずに退去しました。

 

そして、思いました。

「賃貸でよかった。もし、買っていたらえらいこっちゃ」

 

ところで、最近、こんなニュースがありました。

www.tokyo-np.co.jp

 

日本人戦没者だと思っていたら、日本人は一人もいなかった(フィリピン人だった)というお話。

 

鳩の被害がひどかったマンションの近くにも

戦没者墓苑がありましたが、

調べると、フィリピンで収集された遺骨が収められているということです。

 

もしかして。

フィリピン人戦没者の溜まり場になっていたのかもしれません、あの部屋。

縁もゆかりもない日本に連れてこられて、

「祖国に帰りたい」と、嘆きながら彷徨っているのかも。

 

残穢 -住んではいけない部屋-

残穢 -住んではいけない部屋-

を、Amazon primeVideoで視聴。

 

 

事故物件かどうか。

今は告知は義務ですし、「大島てる」もありますので、事前に知ることができます。

とはいえロンダリングされている場合もあるので、運悪く、それとは知らず事故物件を掴まされることも。

「でも、新築なら安全よね?」

いえいえ。

建物(ハード)は新品でも、その土地が持つ「念」(ソフト)のことを忘れてはなりません。

 

「私的怪談」でも少し触れましたが。

以前住んでいたX市のマンションの話です。

そこは新築の分譲マンション。

 

今から約20年前。

お盆休みの最終日。

暇をもてあそび、冷やかしでモデルルームを見て回っていたところ、

気がつけば、購入の申し込みをし、さらには手付けの十万円を払っていました。

そう。その日の朝までそんなつもりはまったくなかったのに、

その日の夕方には、マンションを購入していたという、

なんとも恐ろしい衝動買い。

 

ミイラ取りがミイラに。

あるいは、飛んで火に入る夏の虫。

 

でも、そのマンションの立地は最高でした。

駅近で、商業施設も徒歩圏にそこそこある。

部屋も最上階で、しかも三方に窓があり景色も日当たりも抜群。

間取りも気に入りました。

なにより、家を所有するという満足感と優越感で、私は身も心も満たされました。

住宅ローンの不安はありましたが、そんなのは満足感と優越感が吹っ飛ばしてくれました。

 

そんな私のキラキラとした心に影が差したのは、

半年を待って、ようやく入居したときのことです。

エアコンの取り付け業者のおじさんがやってきました。

部屋に上がるなり、

「いい部屋ですねー、すごく眺めがいい」

と、お褒めの言葉。

「えー、そんなことないですよ」

などと、謙虚に否定しながらも、その唇はニヤニヤと綻ぶ。

「そうでしょう? すごいでしょう? 私が買ったんですよ! この私が所有者なんですよ!」

と、今にも言葉が飛び出しそうになります。

と、そのとき。

「あれ? この部屋……」

おじさんの顔が、突然強張ります。

「ここって、まさか……」

ぶつぶつ言いながら、窓の風景を見渡すおじさん。

「……なんですか?」

気になって訊くと、

「いいえ、なんでもありません」

と、おじさんは急に、口を固く閉じてしまいました。

当初の馴れなれしい様子はどこへやら、突然、無口に。

そして、手早く工事を終えると、

逃げるように部屋を出て行きました。

 

気になりました。

 

が、新築のマンションライフに酔う私は、おじさんのことは数時間後には忘れていました。

 

でも。

暮らしているうちに、

違和感が、じわじわと忍び込んできたのです。

まずは、夜な夜な聞こえる、赤ちゃんの泣き声。

寝室のベッドで寝ていると、微かに聞こえるんです。

火がついたように泣き叫ぶ赤ちゃんの泣き声が。

隣の部屋の赤ちゃんかな?と思ったんですが、

その部屋は独立していて、隣とは接していません。だから、お隣ではない。

じゃ、下の住人? 

それとも、換気扇を通して、まったく関係ない部屋から声が流れてくる?

ときには、

ぼそぼそとした話し声も聞こえてきて、

(女性と男性がなにか会話しているような)

あげくには、上から誰かが歩くような足音まで。

最上階なのに!

マンションの騒音問題は、一筋縄ではいきません。

いろんな音が増幅されて、想像してもないようなところから聞こえてくる。

上から聞こえたはずなのに、実際は階下の、全然関係ない部屋から……とか。

いずれにしても、

集合住宅に住んでいる以上、

騒音問題は避けては通れない。

だから、私も気にしないことにしたんです。

 

ところが、ある日、

明らかに部屋の中から聞こえてきたんです。

かりかりかりかりかりかり」という音が。

その音には数ヶ月悩まされましたが、

あるとき、整理ダンスの引き出しを開けたら大きな髪切虫が飛び出してきて

こいつが「かりかりかりかりかり」の原因でした。

この体験は、せっかくなので

孤虫症 (講談社文庫)」のモチーフにしました。

さらには、

馬鹿でかい「ナナフシ」、「ヤモリ」まで目撃。

「なんで? 新築のしかも最上階なのに! 普段、地上でも見ることがないヤモリとナナフシがいるのよ、この部屋には!」

怒りと恐怖で我を忘れそうになりましたが、

それでも、新築マンションライフを堪能していた私。

 

そんなこんなで、

2年が過ぎた頃。2000年頃でしょうか。

ネットでは匿名掲示板が大流行り。

私もこそこそ覗いていたものですが、あるとき、

その掲示板で、「あれ?」と思う書き込みを見つけました。

話題にしているのは、どうやらX市の怖い話。

しかも、うちの近所の話じゃないか?

いや、もっといえば、うちのマンションのことじゃないか?

そう、まさに、うちのマンションのことを話題にしていたのです。

『あのマンションの住民、知らず住んでんだろうか』

『そりゃそうでしょう。知ってたら、住まないでしょう』

的なやりとり。

心臓ばくばく。鳥肌ぶつぶつ。

「なに? なんなの? なにを知らないっていうの?」

 

つまり、こういうことでした。

全国的にも有名なある事件。

その舞台になったのが、まさに、うちのマンションがあった場所。

事件現場になった建物を取り壊して、建てられたのが、今のマンション。

「ひぃぃぃぃ」

変な声が出ました。

その事件のことはよく覚えています。

だって、連日報道していましたから。

「いやな事件ね。被害者たちがかわいそう」と母とも話していました。

その事件現場が、まさか、ここ?!

 

しかもです。

そのマンションだけでなく、

徒歩圏に「幽霊マンション」と言われる物件が複数。

どうやら、土地そのものにいわくがありそうなんです。

昔、その近くを流れる川は真っ赤に染まっていた……なんて都市伝説まで。

その川の近くでは、不思議な殺人事件まで起こっています。

 

だからといって。

ローンを抱えたまま、引っ越すわけにもいかず。

結局そこには15年以上住みました。

いろんなことがあった部屋でしたが、

でも、あの部屋に住んでいたからこそ、

「孤虫症」でデビューすることができ、

そして、「殺人鬼フジコの衝動 (徳間文庫)」が生まれ、そしてプチブレイクすることができました。

 

ある人が言っていましたが。

事故物件は、水商売家業と相性がいいそうで。

役者さんや飲食関係の人は、わざわざ事故物件に住むんだそうです。

運気を上げるために。

小説家も、いってみれば水商売。

あの部屋のおかげで、今があるのかもしれません。

 

つまり、

「相性」なんだと思います。

いわくつきでも、その「いわく」と相性がよければ、

むしろ運気が上がる。

なんの「いわく」がなくとも、相性が悪ければ

不幸続き。

 

そんなことを思いながら、

残穢 -住んではいけない部屋-」を楽しみました。

 

f:id:mariyukiko:20180819184704j:plain