真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

事件

世田谷の例の事件をオカルト的に考察してみる

暮れになると思い出すのが、2000年の12月に起きた、「世田谷一家殺人事件」 です。2017年になった今になっても未解決事件。 で、買ってみました。 世田谷一家殺人事件 韓国マフィアの暗殺者 (角川文庫) http://amzn.to/2BzhHi7 なるほど。 この事件、ヒット…

既視感。

角界の暴行事件の影にすっかり隠れてしまった座間事件。 このフェイドアウト感は、昔のプチエンジェル事件を連想してしまいます。 ところで、座間事件が発覚したとき、なにか既視感があったんですよ。 スカウトマン、連続殺人、自殺教唆、SNSの悪用。 ……なん…

座間市の事件に、オカルトを見る 2

ツイッターでは「座間市の事件のことはもう話題にしない」と言いましたが、どうしてもこれだけは触れておきたい……と思い、不謹慎な内容ですが、綴ってみます。 さて。情報が出てくれば出てくるほど、さらに謎が深まるこの事件。 どうしても「単独」犯行とは…

心中症候群

例の座間市の事件。 犯人は、自殺したがっている女性を探してターゲットにしていたようですが、 思春期に差し掛かるとどういうわけか「自殺」したがるのは今も昔も変わりません。 しかも、ひとりじゃなくて、「心中」をしたがる。 江戸時代の心中ブーム、戦…

例の事件にオカルトを見る

野次馬根性丸出しで。 我ながらゲスいのは重々承知の上、例の座間市の事件について私なりに感じたことを。 報道によると、白石容疑者を知る人たちは、「優しい」とか「穏やか」とか「真面目だった」とか、割と好印象。 水商売のスカウトをしていたこともあり…

犯罪そのものより、それを見て見ぬ振りする目撃者が怖い。

池袋の北口で起きた事件で、思い出しました。 学生だった頃、学校の近くで「助けて!」と窓から女性が身を乗り出しいたんです。通行人はみんなそれを無視。驚いた私だけが110番通報したんですが。他の人に「バカだな、放っておけよ」と笑われました。……なん…

K事件

日本では、女性は十六歳で結婚できますが、未成年の女性と関係をもつと、仕事も人生も失います。 俳優のKさん。 女子高生と不適切な関係で活動中止になりましたが。 でも、ニュースを見ていると、違和感だらけ。 (もちろん、Kさんは悪い。下半身がだらし…

時効

headlines.yahoo.co.jp 46年振りに、殺人容疑で逮捕されたというこのニュース。 「え? とっくに時効じゃないの?」と思った人も多いかと思います。 確かに、2010年に殺人の時効は撤廃されていますが、でも、今回のこの事件は1971年に起きたもの、その15年後…

ちょっと嫌なことを書きますね。嫌な方は読み飛ばしてください。

またまた、こんな事件がありました。 headlines.yahoo.co.jp ロリコン男が、自分の欲情を満たすために保育士になった……という、地獄のような事件です。 以前、医師国家試験の予備校みたいなところで仕事をしたことがあるんですが、「女の体を隅々まで見たい…

盗聴? ASKA容疑者問題をイヤミス的に考える

ASKA容疑者問題。 自ら「盗聴、盗撮されている」と警察に通報したところ、逆に自分が逮捕されてしまった件。 今も、ワイドショーで特集しているんですが。 ……確かに、これが一般人なら、盗聴、盗撮なんて言い出したら、脳の不具合かドラッグ使用をまず疑うで…

パナマ文書

Nスペ「追跡 パナマ文書」を見ました。 まるで、ドラマを見ているよう…いや、それ以上に興奮した。 というか、お金持っている人は、頭いいね…。 そして、たぶん、罪悪感というものがない。 だから、「そんなことをしたら地獄に堕ちるぞ。天罰が下るぞ」と言…

クローズアップ現代〜多頭飼育崩壊

最近、よくテレビで特集されるのが、「多頭飼育崩壊」。 特に、猫。 はじめは一匹、または二匹だったのが、それこそねずみ算式にどんどん繁殖し、たった数年で数十匹になるという。 その原因を色々と紹介していましたが、一番の原因は「経済的に余裕がない」…

これが、超高齢社会

headlines.yahoo.co.jp 横浜で起きた事故。事故を起こした軽トラの運転手は87歳。 ……87歳って。 というか、やはり、運転免許には年齢上限を設けたほうがいいと思います。 誕生日を迎えたばかりの私は今52歳ですが、この歳でも、物忘れはもちろん、判断ミス、…

慶大事件

かつては、早稲田でも事件がありました。やはり、イベント系。 東大でも。 いわゆる、「ギャングエイジ」※の延長だとは思うんです。 ※ギャングエイジ - Wikipedia 「ギャングエイジ」とは、親や教師の庇護から独立する過程の、あるいは「集団意識」や「社会…

藪の中

www.j-cast.com 「フランシーヌの場合」という歌を思い出したのは、私だけでしょうか。 フランス人の「フランシーヌ」は、政治、社会のあり方にノーを突きつける手段として、「焼身自殺」を選びました。それが、世界中の若者にある種の恍惚と衝撃を与え、日…

鬼十則

headlines.yahoo.co.jp さて、電通の過労死問題が話題です。 残業月100時間ぐらいで……と思う方もいるでしょう。 私も、働き盛りのときは、月残業150時間なんて当たり前でした。 バブルのときでしたからね。 「24時間働けますか」の時代。 ですが、今回の過労…

梅毒復活

headlines.yahoo.co.jp 昔は、性病の恐ろしさをきっちり教えてくれたものだけど、今はそんなに教えないのかしら。 梅毒は、女性側がどんなに気をつけても、パートナーが不特定多数の人と性交しがちだと、リスクが一気に高まります。 もちろん、梅毒だけじゃ…

豊洲盛り土問題

さてさて、最近話題の、豊洲盛り土問題。 報道のキャッチだけを見れば、なんとも信じられない「手抜き工事」と「陰謀」を匂わせているのですが、こういう時は、冷静に問題を紐解く必要があります。 一応、私も都民ですので。 で、私が思うに、東京(もっとい…

親族間殺人

千葉と北海道で、立て続けに、親族によるものと思われる殺人事件が発覚。 昔から、殺人事件が起きたら、その犯人は、かなりの割合で「親族」。 通りすがりの犯罪は、案外と少なくて、だから通りすがり殺人が起きると大々的にニュースになります。 子供が殺さ…

そして、誰もいなくなった

「そして、誰もいなくなった」最終回。 あの歪んだ復讐心は分からなくもないんですよね……。 途中、「ああこの人が黒幕か」と当たりをつけて見ていたので、その黒幕に感情移入してしまったせいかもしれません。 ところで、私の人生、裏切られることが多数で、…