真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

パナマ文書

Nスペ「追跡 パナマ文書」を見ました。

まるで、ドラマを見ているよう…いや、それ以上に興奮した。

というか、お金持っている人は、頭いいね…。

そして、たぶん、罪悪感というものがない。

だから、「そんなことをしたら地獄に堕ちるぞ。天罰が下るぞ」と言われても、けろっとしている。

地獄や天罰の脅しって、所詮は、お金持っている人には通じないんだと思います。

なぜか。それは、天罰だ地獄だ天国だ神だ仏だ…というのは、権力者や支配者が、人々をコントロールするために生み出した仕組みに過ぎないから。

だから、そんな強迫、ちっとも怖れないんです。

彼らは知っているんです。天国も地獄も、作り上げるのは自分たちだということを。

今、サイコパス関連の本を数冊読んでいるんですが、恐怖心も良心も罪悪感も持ち合わせないサイコパスな人々は、社会ヒエラルキーの上位に多く存在する。

そして、政治家や弁護士や金融商品関係者や企業の経営者や聖職者に多いとありました。

*あとは、外科医とか警察官関係とかコックとか軍人とか。変わったところでは中古車販売業者。まあ、これは、アメリカの場合ですが…

精神病質 - Wikipedia

つまり、政治家や弁護士や金融商品関係者、企業(ブラック企業)の経営者や教祖は、恐怖心や良心や罪悪感が邪魔になる職業ともいえます。そんなのがあると、思うように仕事ができない。

もっといえば、人を支配し、富を自分のところに集中させるには、恐怖心や良心や罪悪感があってはいけないのです。

 

それとも、逆か。

権力や富を持ちすぎると、恐怖心や良心や罪悪感が邪魔になるのかもしれません。

「貧すれば鈍する」という言葉がありますが、富を多く持ちすぎても、鈍するものです。

 

…でも、地獄ってあると思いますよ。そして、神もいる。

それは、歴史が証明しています。

奢れる人も久しからず

パナマ文書に載った人々が、どのような顛末を送るのか、興味津々です。

 

ちなみに。パナマ文書には、盗まれた個人情報が使われている場合もあるんだとか。だから、名前があるからと言って、本人かどうかは分からない…ということですが。

まさか、この事実を逆手にとって、「これは俺じゃない、俺は、名前を使われただけだ!」と、一転、被害者面する金持ちや権力者も多数現れる予感。

…どこまでも、頭がいい人たちですから。

 

追記。

おっと。サイコパスが多い職業に、「ジャーナリスト」もありました。

今回のパナマ文書、その解明に躍起になっているのは世界中のジャーナリスト。

サイコパスvsサイコパスの図式です。

まさに、毒をもって毒を制する。

 

【資料】

サイコパスが多い職業トップ10
1位 CEO(最高経営責任者
2位 弁護士
3位 芸能人
4位 営業マン
5位 外科医
6位 ジャーナリスト
7位 警官
8位 聖職者
9位 コック

10位 公務員

 

サイコパスが少ない職業トップ10
1位 介護師
2位 看護師
3位 セラピスト
4位 技術者
5位 美容師
6位 ボランティア
7位 教師
8位 アーティスト
9位 医者
10位 会計士