真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

従います。

ここ2年程、生活習慣病に振り回されています。

若い頃の無茶の代償を払わされています。

 

で、ここ数カ月は血糖値を下げることに夢中になっていて

(血糖値のほうは、なんとか数値を抑えることに成功)

血圧のほうをおざなりにしていました。

去年の夏、それまでずっと低血圧だったのがいきなり高血圧に転調し、大慌てで家庭用血圧器を購入したのですが、計るのをサボっていました。

 

で、なんか体調がおかしいな…と久々にはかってみましたら、なんと、恐怖の200超え!

これは一大事と、病院に駆け込み、

「自宅で計ったとき、最高血圧はいくつあったんですか?」

のお医者様の問いに、「…190ぐらいでしょうか?」と微妙に嘘をつく私w

で、お医者様に改めて計ってもらったところ、180をマーク。私的には180ならまあまあな数値(w)

が、お医者様は真顔でおっしゃいました。

「ここまできたら、生活を改善して血圧を下げるレベルではなないので、治療をはじます」と。

で、ずっとずっと避けて来たお薬を服用することになりました…。

ああ、これだけは避けたかったんですけれど。

でも、最高血圧180〜200(一度、220をという最高記録もマーク!)という状態が続いているほうが恐ろしいので、ここはもう、お薬に頼ることにいたします…。

で、服用後、計ってみたら、最高140、最低95まで下がりました。

一回の服用でこの効果!

でも、お薬で血管が広がったせいか、頭痛が…。

一長一短でございます。

 

薬を飲むのをあれほど避けてきた私が、今回、素直にお医者様の指示に従ったのは、この本を読んでいたからです。

www.shinchosha.co.jp

 

鈴木大介さまの本の何冊かは、小説を書く上で、参考資料にさせてもらっています。

ルポライターとしてかなり信頼を寄せているのですが、まさか、脳梗塞になって今もリハビリ中だとは…。

鈴木大介氏も高血圧で、性格は神経質でイラチで真面目…だということです。私とかなりかぶります。

この本を読んで、「ヤバい、ヤバい、これは、私のことかもしれない」と、ようやく高血圧の危険性に気がついたわけです。

今回も、鈴木氏の本に助けられた私でした。

 

追記。

 

でも。最高血圧200超えでも、普通に生活していた私って、ある意味かなりタフなんでは?

…いやいや、違う。

「死」と隣り合わせのスリリング状態が続いていただけで、運良く、薄皮1枚で命をつないでいただけかもしれません。。。。

 

マリモさんを置いて死ねませんからね。

ここは一大決心をして、生活そのものもがらりと変えます。

規則正しい生活に。

無茶はしません。夜は仕事しません。

 

なので、今日はもう寝ます