真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

血圧と頭痛の関係

高血圧がどうして起きるのか。

それは、今もナゾの部分が多いのですが、限りなく正解に近い推測のひとつに、「血管がなんらかの理由で収縮してしまって、血流が悪くなっている。それだと体中に血液が行き渡らないため、どうにかしようと、心臓が必死で圧を上げて血液を流そうとしているため」というのがあります。

なので、とりあえず血管を広げて血流をよくしよう…というのが降圧剤です(かなり乱暴な説明ですが)。

結果、降圧剤を飲むと、私の場合、頭痛がやってきます。

そう、偏頭痛です。

 

ところで、私は年季の入った偏頭痛持ちでして。

偏頭痛のメカニズムは、

「収縮している脳の血管が急に拡張することで、血管周囲の神経が刺激されるため」

つまり、なんらかの理由で血管が急に拡張したときに、偏頭痛がやってくるのです。

偏頭痛で有名なのは、「休日頭痛」。

緊張やストレスから解放されたとき、血管も急に拡張して偏頭痛が発症。

私も、昔から仕事が一段落するたび酷い片頭痛に襲われ、一日寝込んでしまうほど。

 

チョコレートやコーヒーを飲んでも、片頭痛がやってきます。

これは、ポリフェノールが血管を拡張するためだと言われています。

 

あれ? ちょっと待って。

じゃ、片頭痛は、血圧が正常になっている証拠なんでは?

もっといえば、ポリフェノールって、血圧を下げるんでは?

素人なりに、そんな推測をしてみました。

 

ということで、今、苦手なコーヒーを積極的にとるようにしています。

でも、コーヒーより、もっと強力なものがあります。

それは、お酒。…ワインです。

 

そういえば、私がお酒をまったく飲まない理由は、激しい頭痛がやってくるからなんです。

…もしかして、これは、血圧的にはいいことなんではないか?

それをどうしても確かめたい。

ということで、早速明日、ワインを買ってみようかと思います。

自分のためにワインを買うのは、生まれて初めてかもしれません。

 

追記。

でも、偏頭痛がやってくるのは、勘弁だな…。

鎮痛剤のお世話になると、かえって血圧的によろしくない。

頭痛がやってこない程度に、少量からはじめるとしましょう。