真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

インサイドヘッド

インサイドヘッド。

めちゃくちゃ面白かったです!

心が壊れて、そして修復されていく過程が、こんなエンタメになるなんて!

哲学的にも心理学的にも、お子様からお年寄りまで楽しめてかつ参考になる作品でした。

「悲しみ」が、心の再生の鍵になるラストもよかったです。

「喜び」だけでは、本当の幸せは構築できなくいというメッセージ。

 

ところで。

インサイドヘッドでは、感情(意識できる分野)を扱っていましたが、人間の体は、意識でコントロールできない分野も重要です。

それは、「自律神経」。

各内臓を動かしたり、食べ物を消化して分解したり、血液を流したり、ホルモンを分泌したり。

実は、人間が意識して動かせる分野のほうが少ない。

自律神経の管轄分野で、唯一、意識的にコントロールできるのは、呼吸だけ。

細胞レベルでみてみても。

太古、元々は別々の細胞だったものを取り込んだり合体したりして(その代表例がミトコンドリア)、長い年月をかけて今の体ができあがりました。

つまり、一人の人間の体は、個々の集合体。

つまりつまり、「自分」の体は自分だけのものじゃないんですよね。

 

「意識」できる範囲の分野なんて、ほんの一握り。

なのにその「意識」は独裁者のごとく、「自分の体は、自分のものだ!」と、ときには体を酷使したり、自暴自棄になったり、不摂生したり、最悪自殺したり。

24時間寝ずに働いている細胞にしてみれば、理不尽な虐待です。

「自分を大切に」というのは、

「その浅はかな感情と独断で、必死に生きている細胞まで道連れにするな」ということなのかもしれません。

 

ということで、今度は、感情でコントロールできない分野の細胞たちにスポットライトをあてた、作品を希望します。 

 

追記。

私は酷い偏頭痛持ちなので、映画館で作品を見ると、ハンパない頭痛がやってきます。

映画館の暗闇に点滅が、頭痛を誘発するんです。

最近は、もっぱら、映画はテレビ。

でも、「インサイドヘッド」のような作品は、スクリーンで見たかった…

 

舞台やコンサートなんかもそうで、

暗闇や照明で、吐き気と頭痛が必ずやってきます。

若いときは耐えられたんですがね…。今は、無理。

頭痛が起きるときの、私の頭の中をみてみたいもんです。