真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

某アイドルグループ

マツコ・デラックスさんの番組で、

某アイドルグループの総選挙があったことを、今更知る。

 

で、結婚宣言があったんですって!

それについて、マツコさんが的確に喩えていました。

キャバ嬢。

でも、私は「遊郭」を連想してしまいました。

かつての遊郭は、体を売る…というよりも「疑似恋愛」というお遊びが主流だったと聞いたことがあります。

客に惚れさせて、次から次へと金をつぎ込ませる。

昭和のヒット曲じゃないんですが、いわゆる「夢芝居」。

 

そういう意味で、アイドルの「恋愛」は御法度なんじゃないでしょうかね。

アイドルは、ファンと疑似恋愛をしなくてはならないので。

 

その御法度を華麗に打ち破ったのは、山口百恵松田聖子

このツートップぐらいじゃないでしょうか? ファンからも許されるプライベートな恋愛は。

 

とはいえ、アイドルだってプライベートな恋愛をしてもいいと思います。お年頃ですから。

でも、それを上手く隠すのがプロじゃないのかと。

美しく嘘をつき華麗に騙し続けるのも、アイドルの使命。

これが、意外と難しいんですよね。それに、最近は、なんでもかんでも暴露するのが流行っている。

かつてのアイドルに、後年、「実はあのときは…」などと、えげつないことを暴露された日には。夢中になっていた自分が可哀想過ぎてw

 

 

さて。

私もかつて、あるアイドルにどっぷりハマったことがあります。

フィンガー5です。

その頃、家庭で色々とあり、私はプチ反抗期。精神も病み、小学生ながらグレる一歩手前でした。それを救ってくれのがフィンガー5なのです。

まさにアイドル、神でした。あの頃の私の頭の中を覗いたらフィンガー5一色だったに違いありません。

 

当時の写真が、奇跡的に残っていました。

f:id:mariyukiko:20170202130820j:plain

(昭和の定番、フランス人形までw)

 

ところが、そのフィンガー5がアメリカに行ってしまったのです。

私にしてみれば「フィンガー5に捨てられた…。もう生きていても仕方ない」と、もう本当に自殺する勢いでした。

それだけの影響力を持つのがアイドル。その人にとっては生活のすべて。もはや、神です。

 

ハンパな覚悟ではなれないものだと思います。

 

ちなみに、そのとき自殺せずに済んだのは、次に夢中になれるものと出会ったからです。

それはとある漫画。

小学校の高学年から中学生まで、どっぷりとハマっておりました。

ハマりすぎて、学年トップから最下位すれすれまで成績が落ちるほどに。

その後、(リアルタイムではありませんが)グループサウンズ田村高廣様、ジェフ・ベック先生と対象は変わっていきましたが、その時々で、私を生かす「アイドル」だったのは間違いありません。

 

田村高廣様、ジェフ・ベック先生はアイドルか?という疑問は、この際、置いておいてw

 

今回、結婚宣言をしたアイドルのファンも、すぐに他に夢中になれる対象を見つけることでしょう。

でも、「裏切られた」その瞬間の心の傷は、もしかしたら死ぬまで残るかもしれません。

広告を非表示にする