真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

感動ポルノ

「感動ポルノ」という言葉をはじめて聞いたとき、「なるほど! これは、うまい!」と思いました。

というのも。

以前、Amazonだったか読書メーターだったか、いろんな作家さんのレビューを見ていたら、

「感動できると思ったのに、全然感動できませんでした。がっかりです」的な感想を見かけたんですね。

そのとき、なにか違和感があったのです。

で、

「感動」を「抜く」に置き換えてみたら。

「抜けると思ったのに、全然抜けませんでした。がっかりです」

なんとしっくりいくことか!

 

つまり、「感動」というのは、「快感」の別名なんでしょうね。

 

なので、それ以来、「感動した!」という人を見ると、「そうか、抜けたか!」と、意地悪な視線で見るようになってしまいました。

 

真面目な話。

「快感(抜く)」も「感動」も、(体内の澱みを)放出してすっきりする…という意味では、大切な行為だとは思います。

 

ただ、「感動」も慣れてしまうと、さらにその上を求めてしまう。

さらなる感動を生み出すために、わざわざ悲劇を作り出す…なんていうビジネスが生まれかねない(もう、生まれているかも?)

ちょっと危ういな…と。