真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

人身事故

電車人身事故の大半は、自殺なんでしょうか。

 

でも、思うんです。

投身自殺にしろ、電車に飛び込み自殺にしろ。

そんな勇気、よくあるな…と。

 

私なんて、踏切で待っているときですら、なんだか怖くて足が震える思いです。

駅のホームでも、白線ぎりぎりで立つこともできない。

 

なのに、わざわざ飛び込むなんて。

バンジージャンプの何倍もすごいことですよ。

人間、絶望しすぎると、かえって勇気が湧くんでしょうか?

 

もし、私が息ができないほど絶望して死を選んだとしても、投身自殺と飛び込みだけはやらないと思うんです。

むしろ、恐怖が先だって、生きよう…と思う。

 

そういえば。

高所平気症というのがあるらしいです。

危険だと思われる場所やシチュエーションが平気どころか、むしろ楽しい。

いわゆる、「命知らず」。

環境によってそういう風に育つ後天的な場合もありますが、

本来は、脳の仕組みによるものなんだとか。

これは遺伝的なもの。

以前、遺伝子検査をしたとき、私はその正反対の遺伝子でした。

つまり、ビビリ体質。危険なものや場所には絶対、近づかない。ホームの白線のずっと後ろに立って電車を待つ系。

 

命知らずとビビリ。

この二者がいて、人類は進化してきたように思います。

前者は好んで未知の世界を開拓し、後者はひたすら自身の居場所を守る。

 

さて、自殺のはなし。

私のようなビビリ体質は、絶対自殺できません。

死後の世界が怖いのと、そもそも自分を殺すなんていう行動が恐ろしい。

電車に飛び込むなんて、まず、できません。

 

で、思ったんです。

投身自殺にしろ電車に飛び込み自殺にしろ。

こんな究極の恐怖を選ぶ人は、もしかして、高所平気症の人なんでは?と。

だから、割と簡単に、体を死に差し出せる。

 

こうも思いました。

投身自殺や飛び込み自殺の中には、「自殺」じゃないケースも多いんじゃないかと。

高所平気症の人が、そんなにいるとは思わないんですよね…。

だって、人身事故、毎日のようにあるじゃないですか…。