真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

猫生相談。

今日は、東京都にお住いの、マリモさからのお悩みです。

 

『うちの同居人に、ほとほと困り果てています。

ブログやTwitterじゃ、あたくしのことを「マリモさん」なんて呼んでますけどね。

リアルで「マリモさん」なんて呼ばれたことないわ。

それでも、はじめのうちは「マモマモたん」とか「マーモたん」とか、「マリモ」をもじったあだ名だった。

それがどんどん「かわい子にゃん」とか「おりこうたん」とか、名前とは関係な呼び名になっていたったのよ。

それでも、「かわいい」とか「おりこう」とかなら許容範囲よ。まんざらでもないわ。

ところが、さらにエスカレート。

「ぱんぱこぱんのまにょまにょまん」とか「ぱにゅぱにょむーなのぴきぴきぽん」とか、いったいどこから出てきたの?というような名前で呼ばれるようになっていったわ。っていうか、本名より長いあだ名って、どういうこと? あだ名って、そもそも、呼びやすいように短縮するもんじゃないの?

「ぱこぱこぱんぱんなにぬねの」とか「ぽんぽこぴーなでとんとことん」とか「たっぽんたっぽんちっちょりーな」とか「ぱにょぱにょパンパカパン」とか、もう意味不明。

あまりにいろんな名前で呼ばれるから、あたくしのことを呼んでいるのかそうでないか、よく分からなくなってきたわ。

だから、最近ではもっぱら、無視。

すると、「ぱにょぱにょぱのピーポーパーポが無視した!」って怒り出す始末。

もう、ほんと、手に負えないの。

こんな面倒な同居人とうまく付き合うには、どうしたらいいんでしょうか?』

f:id:mariyukiko:20171003140245j:plain

 

解答。

同居人がなにか言葉を発したら、とりあえず尻尾を振ってみてはいかがでしょうか。

適当でいいんです。ひょいと軽く振れば、

それで、同居人も喜ぶはずです。