真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

お墓を買いました。

五十を過ぎると、どうしても考えてしまう、死後のこと。

で、ここ数年、街をぶらついてはお墓を探していました。

都営のお墓にも応募しようとしましたが、そこでふと思ったんです。

「お墓を買ったはいいが、誰が管理してくれるの?」と。

そう。子孫を残すのをやめたお一人様最大の悩みは、お墓守りになってくれそうな人がいない!ということです。

どんなに立派なお墓があったとしても、お墓詣りに来てくれる人もいなければ、守ってくれる人もないとなると、あの世でかなり肩身の狭い思いをするんじゃないかと。

「……あの人、お一人様だから、誰もお墓詣りにきてくれないのね……」と、お彼岸やお盆のたびに、冷たい視線を送られるんじゃないかと。あの世でそんな思いするのは嫌だな……と思い、普通のお墓を購入することは断念。

じゃ、なににする?と思いを巡らせていたところに、「日本文藝家協会」の会報が。なんと、富士霊園の一角にある「文學者之墓」第9期の募集が!

飛びつきました。ここだったら、お墓が放置される心配もありません!

「文學者之墓」は、いわゆる共同墓で、壁のような長い石碑にペンネームを刻みつけるというもの。生前でも刻むことができて、その場合は朱字となり、実際に納骨されたときに黒字になります。

で、本人の他にも、親族の名前を裏に刻むことができるというので、マリモさんの名前を刻んでもらいました。もちろん、別途費用はかかります。

でも、さすがに、躊躇しましたよ。「猫の名前を刻んでいいのか?」と。

が、お墓の規定には「ペット不可」の文字はない。ダメ元で事務局の担当さんにお伺いしたところ、

「え?」と一瞬、絶句されてしまいました。ああ、やっぱりダメか……と思ったら、「ペットがダメだという記述はありませんので、大丈夫でしょう」という前向きなお返事。ということで、マリモさんの名前も、私の名前の裏に彫っていただきました!

 

で、先週の10月5日、年に一度の墓前祭がありましたので、私も参加してきました。

f:id:mariyukiko:20171013135136j:plain

 

f:id:mariyukiko:20171013135155j:plain

 

f:id:mariyukiko:20171013135216j:plain

 

これが、私のお墓。

f:id:mariyukiko:20171013135449j:plain

f:id:mariyukiko:20171013135606j:plain

 

尊敬する市川森一先生と同じブロックで、大興奮!

すかさず、記念撮影。

 

で、その裏が、マリモさん。

f:id:mariyukiko:20171013135440j:plain

 

私の両隣の方が、裏になにも刻まなかったおかげで、なんだか、マリモさん名前がかなり目立ってしまいました。さすがは、マリモさん。引きが強い!

 

そんなこんなで、無事、私のお墓問題も解決しました。

私が死んだら、ぜひ、お詣りに来てくださいね!

富士霊園、めちゃくちゃいいところですよ!

その壮大さと、行き届いた管理に、思わず息を呑みました。

なんでも、日本最大規模の墓地なんだそうです!

もちろん、富士山もばっちり。

死ぬのが今から楽しみです。

 

www.fujireien.or.jp