真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

ウ○チとおちりから見る、男子の悲しき習性

うんこドリル…というのが大ヒットしているんだそうです。

あと、お尻が探偵になったり。

最近では、「コロコロコミック」で、チ○チン騒動が勃発。外交問題に発展する勢い。

 

しかし、

子供(男子)は下ネタが大好き。

私が小学校の頃は、「ガキでか」とか「まことちゃん」とか「トイレット博士」とか(女子から見ればあまりに品のない直接的な)下ネタ満載のギャグ漫画が大人気で、うんこドリルもおしり探偵のヒットも、その延長線上のものでしょう。

 

それにしても、男子の「おしり」と「ウ○チ」に対する執着というか妄執は凄まじいものがあります。

 

なぜ、男子は「おしり」と「ウ○チ」をこれほどまでに愛するのか?

フロイト的にいえば、それは「性欲」に他ならないのですが、

でも、ちょっと違う気もするんです。

「性欲」よりももっと深くて複雑な「なにか」がそこにはあるような。

 

ところで、うちのマリモさんは、ウ○チをしたあと大騒ぎ。

「見て見て! あたくし、立派なウ○チをしましたのことよ!」と興奮しながら部屋中を駆けずり回ります。

本来、排泄行為*は無防備です。

*ここでの排泄は、ウ○チのことです。おし○この場合は、マーキングの役目もありまた話は別

だから動物は、敵から狙われないように排泄は隠れてします。

排泄ブツもしっかり隠す。

猫もしかり。

 

なのに、なんで、マリモさんはあんなに大騒ぎするのか…。

調べたら。

敵に気付かれないうちに「排泄ブツ」から猛ダッシュで離れる…という本能が変調してたのではないか?ということ。

なるほど。

 

ということは。

古来、敵と戦うことが多かった男子も、その習性が強く残っているのかもしれません。

つまり、「排泄ブツ」から猛ダッシュで離れるために、排泄ブツを見たらただちに体を興奮状態にもっていくようにプログラミングされている。

その「興奮」がいつしか「快感」に変換されてしまい、排泄行為を象徴する「おしり」と排泄ブツそのものの「ウ○チ」に激しく反応するようになった…。

ということなんでしょうか?

 

そういえば。

男子は、「ウ○チ」が大好きな割には、学校で「ウ○チ」をすることを嫌います。

学校で「ウ○チ」をしてしまったら最後、イジメの対象になるほどです。

私が小学校の頃。

男子カーストの二番手、三番手ぐらいに位置していたのに、学校のトイレで「ウ○チ」をしてしまったために、カースト底辺になってしまった男子がいました。

なんでなんだろう?…とずっと思っていましたが、

排泄行為を隠したい…という本能からくるものだと言われれば、納得です。

つまり、男子にとって「排泄行為」と「排泄ブツ」は不名誉なことで、それが見つかった…ということは「敵」に負けた…という屈辱と同一なのかもしれません。

一方、「敵」の「排泄行為」や「排泄ブツ」を見ることは勝利の印。

大興奮へと繋がるのです。

 

……なるほどなるほど。

男子にとって「ウ○チ」は、愛すべきものであり憎むべきものなのかもしれません。

その愛憎が、「下ネタ」漫画の変わらぬ人気を支えているんでしょうね。

 

 

\ 男子って、単純よね /

f:id:mariyukiko:20170728135411j:plain