真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

信じるか信じないかは…(かなりの長文です)

3.11からもう七年。

この時期になると、ある人の話を思い出します。

 

その人の名前は、仮に、Mさんとしておきます。

Mさんの職業は執筆業。

ですが、本業ではなかなか食べていけず、派遣社員もしていました。

Mさんと私が出会ったのは、2010年。派遣先のとあるオフィスでした。

「早く、本業一本で暮らしたい」というのが口癖のMさん。

ですが、当時46歳。46歳になっても芽がでない…というのはかなりヤバい。

というか絶望的。だからといって、今更他の職業に就くのは難しいだろうし、結婚なんてなおさら。

このまま非正規社員として、ワーキングプワーな人生を送るんだろうな……と。

でも、Mさんはいっつも笑っていました。悲壮感も絶望感もありません。

生活はかなりカツカツなはずなのに。

「大丈夫! 私、2010年頃から花開く運勢だから!」

…いやいや、もう2010年ですよ? でも、全然花開いてないですよね?

「うーん。まあ、ちょっとした誤差かな?」

 Mさんは、本業の取引先にもそんなことを吹聴して回っていたそうです。

「私の人生、2010年から急上昇しますから!」

そんなことを言われたら、笑うしかありません。

「それはよかったね」(棒読み)と。

申し訳ないんですが、当時のMさんの状態は「花開く」からほど遠い、どちらかという「枯れていく」ばかりの有様でした。

なのに、なんで、そんなにポジティブになれるんだろう?

「……うーん、実はね。私も、本当は、諦めているところあるんだ」

と、ある日、Mさんは珍しく弱音を吐き出しました。

「もうダメだ、死にたい…なんて思うときもある。そんなとき、頭の奥のほうで声が聞こえるんだ。『大丈夫。絶対報われるから。あともう少し、あともう少し!』って。だから、その声を信じているだけど。……でも、さすがに、いい加減、疲れてきた」

2011年3月になっていました。

Mさんは相変わらず、本業のほうはさっぱり。派遣でなんとか暮らしています。

その派遣の契約も、今月いっぱい。

「来月の仕事、まだ決まってないよー」

さすがのMさんも、笑顔はありませんでした。

そんなある日のこと。

Mさんが、一心不乱にメールを入力しています。

その職場の主な仕事はメールのやりとりで、メールだけで一日が終わってしまうことも。

その日も、ランチのあと、Mさんはずっとメールを入力していました。

そんなMさんの後ろを通りかかったとき、パソコンのディスプレイが見えました。

地震に気をつけてください」

メールにはしっかりとそんなことが入力されていました。

「Mさん、それはなんですか?」と訊くと、

Mさんははっと我に返り、

「え?」と、自分で入力した文に面食らっていたようでした。

「やだー、私ったら、なに入力してんだろ」と、

デリートキーを押してその一文を削除。

 

それから十五分ほどしたときでしょうか。

今まで経験したことがない大きな揺れが。

そう、その日は、2011年3月11日

 

そのあと、計画停電だなんだで、職場は長期にわたって閉鎖。

Mさんとはそれっきりになりましたが、

噂では、Mさんはその後、仕事が大当たり、本業一本で暮らせるようになったとか。

 

とにかく、不思議ちゃんなMさん。

Mさんは、地震以外にも、こんなことをよく言っていました。

当時、政権交代でM党が与党だったのですが、

「うーん、でも、M党は長く続かないよ。すぐに野党に回る。しかも、消滅するかも。2015年頃に、その名前があるかどうか」

などと、予言めいたことを口にしていました。

聞くと、予言ではなくて、占いなんだそうです。

Mさんは独自で占いの勉強をしていて、「2010年から私の運勢が花開く」というのも、占いから導きだしたものだということです。

「でも、素人の横好きが高じたものだから。精度はよくない」と。

「実際、自分のときも、誤差が出ちゃったし」

それでも気になって、「いったいどんな占い?」と訊くと、

「過去の事例を洗い出して、その人の運勢のクセを見る…って感じかな。だから、これはという方程式はない」とのことでした。

 

そんなMさんと、先日、久し振りに話す機会がありました。

 

「会社員だった頃…ロンドンに旅行に行ったんだけど。ロンドンに到着したのが、ダイアナ妃が亡くなった日でね。ロンドン中が異様な空気に包まれていた。

それが理由か、その夜、金縛りにあったの。

『来た来た!』と思ったそのとき、ふぅぅっと私の中に何かが忍び込んできて、私の口を使ってしゃべりだしたのよ。まさに、イタコ状態。

と、次の瞬間、頭にあるイメージが浮かんだの。

大震災の光景。阪神で起きた例の地震のような光景。

そして、

『こんなもんじゃない。あのときの地震よりもっともっと大きな災害がくる。それが起きるのは7月14日』

と、男の人の声で、私がしゃべってるのよ。

マジ、怖かった。

その日から、なんだか毎年7月14日が怖くて……。

まったく、予言するんならするで、何年か……てことも教えてくれないと」

 

Mさんは、冗談めかして話くれましたが、顔はどことなく真剣です。

「でね。例の、自己流の占いで調べたところ、どうも日本はオリンピック後の2021年から3年ぐらい、ちょっとしたダークサイドに落ちる気配。このあたりで、とてつもなく大きい災害に襲われる気がする。……西のほうで」

え? ……何年? 何月?何日? と食い下がる私に、

「一番危ないのは2022年。でも、何月何日かは…。

あ。ちょっと待って。もしかして、例のロンドンでのイタコ体験。そのときに口走った『7月14日』って、このこと?」

Mさんの顔が青ざめます。

 

『こんなもんじゃない。あのときの地震よりもっともっと大きな災害がくる。それが起きるのは7月14日』

 

阪神大震災のときより大きな地震って。……

南海トラフ

私たちの声が、重なりました。

しばしの、静寂。

「いやー、でも、私がロンドンで体験したイタコは、もう20年以上も前の話だし。いくらなんでも、20年前に予言されてもね…」

と、Mさんは笑い飛ばそうとしますが、

大概、「予言」というのはタイムラグがあるものです。

ノストラダムスの大予言なんて、まさに……。

「でも、私なんかただの素人だし、あのイタコ体験だって、疲れからくる妄想だったんだろうし」

「そ、そうだよね。偉大な予言者ノストラダムスだって、かなり外しているんだから。素人の予言があたるはずもないよね」

そう、あたるはずがない、予言なんて。

 

でも、「南海トラフ」は予言ではなくて、必ず来る大地震

心の準備はしておかないといけない……と、

この時期がくるたびに身が引き締まります。

 

 

 

 

信じるか、信じないかは、あなた次第。

 

(以上、事実をもとに創作しました)