真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

謎の黒い物体

久々の更新。

 

実は、ここ二週間ほど、真剣に終活をしていました。

というのも。

踵に、謎の黒いものが現れたからです。

いわゆる「メラノーマ」の特徴をすべてあわせもつ、最悪な黒いもの。

日に日に大きくなり、

「これは、もうヤバいかも」と。

メラノーマは、悪性度が高い癌です。発見した時点で手遅れの場合も多いらしく、足を切断するか、そのまま放置して死を選ぶか。

そんな二者択一が、真っ先に浮かびました。

病院に行って「さあ、足を切断しましょう」とか「すぐに入院しましょう」とか「余命3ヶ月です」となる前に、あれこれと周辺を整理しておいたほうがいいかも……と、マンションを売ることも検討。事実、不動産屋さんに依頼して、査定もしてもらいました。

計画としては、まず、賃貸の部屋を探し、そこに引っ越し。引っ越しの際、徹底的に断捨離し、必要最低限のものだけ持っていく。空になった自宅を速攻で売却、そしてローンをチャラにし、手元に残ったお金と貯金で、なんとか残された日々を過ごす。

一番の懸案事項は、グレー姉妹(マリモさんとモナミちゃん)。

信頼できる人を速攻で探して、持参金をもたせて引き取ってもらわねば。

これでだいたい3ヶ月ぐらいかな……と、終活スケジュールを作成。

そうこうしているうちにも、謎の黒いものはどんどん大きくなり、これはもうさすがにヤバい!

先に病院に行くか、それともマンション売却の手続きが先か……などと迷っていたところ、あら不思議。

黒いものが、きれいさっぱり、なくなりましたのことよ!

狐に包まれた……ではなくて、狐につままれた気分。

嘘でしょ? なんで?

 

そういえば。

 

同じようなことが、過去にもありました。

それは、「カンタベリー・テイルズ」(当時のタイトルは「聖地巡礼」)を刊行するにあたり、いろんなパワースポットを巡っていたときのことですから、2010年の初夏。まさに、今頃の季節。

とあるパワースポットに行った日の夜、なんとなく足を見てみたならば、踵に謎の黒いものが。

一見してヤバめな感じだったので、早速、近所の皮膚科を検索、翌日、行ってみました。

「先生、悪性黒色腫でしょうか?」と涙ながらに訴える私に、「うーん、今のところ、よく分からない。切ってみましょう」

「切る? ……せ、切断!? 足を切断ですか?」

「いえ、切断する前に、患部を切ってみて、組織を調べます。とりあえず、来週、また来てください」

などと、どんどん具体的な話になり、一週間後、足の一部を切ることになりました。

あのときの、絶望。

初夏で新緑の季節でしたが、街が灰色に見えましたよ。

ところがです。

その翌日、その謎の黒いものがすっかりと失せてしまったのです!

 

今回とまったく同じ現象。

 

で、オカルト好きな私は妄想してしまいました。

 

メラノーマができた時間軸に生きていた私が、メラノーマができていない時間軸に瞬間移動してきたんでは?……と。

つまり、パラレルワールド移動。

というのも、

オカルト界でトレンドの「マンデラエフェクト」的な感覚がずっとつきまとっている感じがするのです。

 

……信じるか信じないかは、あなた次第。

 

……なんてわけないですよね。

 

きっと、血豆かなにかだったんじゃないかと、

妄想体質の私ではない、リアリストのもう一人私がそんなことを言っています。

 

 

追記。

なにをどうやっても、下がらなかった血圧も、ここんところ、ちょっと高めだけど安定しているのも、不思議。

最高血圧で、160〜140をうろうろ。それ以前は、200〜190とかでした)

ここ数年、100を下回ったことがなかった最低血圧も、90とかに。昨日なんかは、70台になって、目を疑いました。

 

そういえば、便秘も解消されつつあります。

 

私の体に、どんな変化があったというのでしょうか?