真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

鳩と霊

今、とある実話怪談を読んでいて。

「鳩が集まるところには、霊も集まる」という一文が。

気になって「鳩、霊」で検索すると、体験談が次々と!

 

で、思い出しました。

四年ほど前のことです。

X市のマンションを売却し、残ったのは、山のような本とどうしても捨てられないあれこれ。

自宅に運びたくても、自宅はもうすでに荷物がぎゅうぎゅう。

これ以上は無理と、別に借りることにしたんです。

せっかく借りるんだから仕事場にもしようと思い、

眺めのいい物件を探しました

そして、見つけました。

住所は千代田区番町、皇居にもほど近い超一等地に経つ、高級マンション。

そこのワンルームが相場より安く出ていたんです。即決。

まあ、有頂天でしたね。

「憧れの番町に、(仕事部屋のワンルームとはいえ)部屋を借りられる身分になったんだ!」と。

 

ところが、その部屋は、内見のときから気になることがありまして。

臭い。

なんだかよく分からないのですが、

スパイシーな臭いがするんです。

体臭のようでもあり、カレーのスパイスのようでもあり。

前に社員旅行でいった東南アジアの空港を彷彿とさせるような、そんな臭い。

空気清浄機、芳香剤、消臭剤、いろいろと買ってみましたがダメ。

スパイシーな臭いが部屋に染み付いている。

その部屋にいると、私の体にまで染み付いてしまいそう。

でも、その部屋を訪れた人は誰もが「なにも臭わない」っていうんです。

 

なんだか、足が遠のきました。

たぶん、日本で一番の一等地、そして一番の眺めであるはずなのに、その部屋にいることが苦痛になっていったんです。

 

しかもです。

その部屋のバルコニーは、ちょっと油断すると鳩のフンだらけになるんです。

フンが山盛りになるんです。

鳩の鳴き声もすごい。

でも、鳩を実際に見る機会はなく。

鳩の気配がしたと思い視線をバルコニーに移しても、なにもいなんです。

残されるのは、フン。

そして、私は、掃除に明け暮れました。

フンを掃除するために通っていたようなものです。

 

その部屋は、一年を待たずに退去しました。

 

そして、思いました。

「賃貸でよかった。もし、買っていたらえらいこっちゃ」

 

ところで、最近、こんなニュースがありました。

www.tokyo-np.co.jp

 

日本人戦没者だと思っていたら、日本人は一人もいなかった(フィリピン人だった)というお話。

 

鳩の被害がひどかったマンションの近くにも

戦没者墓苑がありましたが、

調べると、フィリピンで収集された遺骨が収められているということです。

 

もしかして。

フィリピン人戦没者の溜まり場になっていたのかもしれません、あの部屋。

縁もゆかりもない日本に連れてこられて、

「祖国に帰りたい」と、嘆きながら彷徨っているのかも。