真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモナミ)の最新情報

私の終活。

早起きが苦手な私が、朝8時半、西新宿の東京医科大学病院にやってまいりました。

 

まるで、ドクターXのような、豪華な院内。

 

今日は、詳しく検査するためにやってきました。

なぜ、大学病院なのかというと。

遡ること約3週間。

それは週末のこと。

右目に、異常が。

目の縁に奇妙な黒い点が出現。

念のため地元の眼科クリニックに行ったら、よく分からないと。

悪性の可能性もあるので大学病院で詳しく検査してくださいと、紹介状を渡されました。

紹介状の宛先は、東京医科大学病院

悪性の場合、腕のいい医者がいるとのこと。

 

あ、あ、悪性?

この日から、怒涛の日々がはじまります。

週明け、早速、東京医科大学病院へ。ですが、この時は詳しく検査できる医師がいないということで、改めて予約することに。人気の大学病院、予約が取れるのは直近でも2週間後。

 

それでなくても、最悪の事態を常に想定する癖がある私。

悪性であると仮定して、まずは家の掃除と断捨離を決行。さらにエンディングノートと遺言書を作成して、死後事務処理をしていただく弁護士さん探しも。

一番の憂いは、猫姉妹。

私に何かあったら、猫姉妹をどうするか。

悶々としているうちに、予約した今日がやってきました。

 

結論から言えば。

今のところ、悪性ではないと。

しばらくは様子を見ましょう…と、3ヶ月後に予約を入れて、病院を後にしました。

 

あゝ、よかった。

ということで、近くのホテルでモーニングビュッフェ。

 

とりあえず今回は命拾いしましたが、でも、死はいつか必ずやってくる。

しかも私は究極のおひとり様。

死後、面倒なあれこれをやってくれる人はいない。

お墓は買ってありますが、下手に孤独死なんてしたら、それが自宅であっても行旅死亡人として無縁仏にされてしまう。

まぁ、私はそれでいいとしても、やはり一番の懸念は猫姉妹。

 

猫姉妹のために、私は死んでも長生きしようと思いました。

死んでも長生きって、矛盾してますけどね😅