読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

「100歳の世界」

今日のNHKスペシャルは、「100歳の世界」。

健康なまま100歳を迎えると、まさに地上の極楽が待っているようです。

多分、頭の中では、臨死体験に近い「極楽プログラム」が起動するんでしょうね。

辛さや不安や恐怖や不快感などネガティブなことがその都度消去されて、幸福な記憶しか残らず、毎日が幸福感に包まれるという。

なんて、素敵な、最後のプレゼント。

ですが、このプレゼントを手にするには、「健康」な状態で長寿を迎えなくてはなりません。それがなかなか難しく、大半の人が、その手前で脱落する。

では、健康なまま100歳を迎える「センテナリアン」になるには。

まだ研究ははじまったばかりで、「これだ」という確実なものはないのですが、ただ、ある生活習慣が「センテナリアン」へ導いてくれることは分かってきているようで。

食生活とか運動とか色々とあるのですが、一番、説得力があったのが、「満足感」。満足感が、人を老化させる「慢性炎症」を防ぐんだとか。

が、「満足感」にも二種類ありまして。

「食欲」「物欲」「性欲」「金銭欲」など利己的な「快楽」につながる満足感は、むしろ「慢性炎症」を増加させ、「100歳」の長寿を迎える前に、ありとあらゆる「病い」と「老化」に蝕まれ、そして結果的には「極楽」を感じる前に死んでしまいます。

一方、「社会的貢献」「家族の世話」「芸術や仕事」などの他者に向けられた「満足感」こそが、「慢性炎症」を低下させて、ハッピーな100歳極楽へと導いてくれるんだとか。

なるほど。

古今東西の宗教が、「欲望・快楽」を否定して「愛(アガペー)」や「慈悲」を推奨するのは、こういう意味なのかもしれません。

人間は、経験的に、大昔から分かっていたんでしょうね、「欲望・快楽」の恐ろしさを。それにとりつかれた者は「地獄」に堕ちる。つまり、辛くネガティブな感情に覆われたまま、死ぬことを。

一方、「欲望・快楽」から解脱できた者だけが、長寿者(センテナリアン)となり、「極楽」を手に入れることができる。

 

ところで、私のここ数年の座右の銘は、「快楽よりも、快適」なのですが、これ、あながち間違ってなかったのだな……と。