真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモナミ)の最新情報

秋ですね

先日から金木犀のいい香りが部屋中に漂って。

この季節は、芳香剤いらずですね。

しかし、あのまま嗅覚がなくなったままだったらこの香りも楽しむことができなかったんだなぁと。

嗅覚がどれほど人間にとって大切なものなのか。失ってはじめて理解しました。

うちの母は小さい頃に蓄膿症をこじらせてほとんど嗅覚がなかったんですが、さぞや難儀だったんだろうなと、今になって思います。当時は、「嗅覚ぐらいなによ。あってもなくてもどっちでもいいじゃん。むしろ、悪臭を感じることがないんだからいいじゃん」とすら。

亡き母に「あのときはごめん」と謝らなくちゃ。

 

さて。

朝ドラの「ちむどんどん」の最終回。

最初の2ヶ月ぐらいはちゃんと見ていたのですがそのあとは脱落。そのあとはところどころしか見てなかったのですが、最終回ということで腰を据えて視聴。

 

気になったのは、老けメイクです。

「ちむどんどん」に限らず、日本のドラマは老けメイクが雑なんだよな……。

特殊メイクでがっつり老けさせることもできるはずなのに、あえてそれをしない。海外ドラマなんかでは俳優さんが気の毒なほど老けメイクを徹底するのに。

たとえば、日本の「老けメイク」といえば、白髪。これ一択です。

でも、世間をよくみてください。白髪のお年配者ってどれだけいます?

たいがいは、カラーリングをしています。そう、白髪ではなく、むしろ色とりどり。中でも「紫」が多いのです! 

(白髪を生かしたグレーヘアも流行ってますが、それでも「グレー」です。そしてその場合でもメッシュを入れるものです)

なのに、老けメイクで髪を紫にするのはあまり見たことないんですよね。

また、年配者はほとんどが短髪で、長い髪をひっつめにするのは最近のトレンドではありません。

あと、服装も。歳をとればとるほど、柄ものが増えて派手になる。メガネもね!

巣鴨にでも行って、年配者をよくよく観察してほしいものです。

老けメイクがどうしてもできない状態であったとしても、髪を短くして強いパーマをあて、うっすら紫に染めるだけで、現代のリアルなお年寄りを再現できると思うんですが。いかがですか?

 

 

\ そういえば、あなたの服装も年々に派手になっているわよね /

 

お知らせ。

■「小説NON」最新号。「ノストラダム・スエイジ」最終回!

■「4月1日のマイホーム」最終回!

j-nbooks.jp

 

■11月9日。「さっちゃんは、なぜ死んだのか?」(講談社)発売!

■11月15日。「三匹の子豚」(講談社文庫)発売!

 

■11月。二つの新連載開始!(詳細はまた)

 

以上、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

 

 

\割と暇そうにしているけど、なんだかんだ仕事しているのね/

 

カルト宗教の小説はいかがですか?

 

明屋書店MEGA平田店様で、「殺人鬼フジコの衝動」「インタビュー・イン・セル」を展開してくださっています!

まさに、今、読んでいただきたい小説です。

だって、裏のテーマは「カルト宗教」。

知らないうちにカルト宗教に狂わされいた人々の物語です。

 

元、カルト二世の私が、自身の体験と他者から聞いた生の声をモチーフに書き上げました。

渾身の一作です。

ぜひぜひ、この機会に!

死へのカウントダウン(終活はじめました)

人はなぜ生きるのか。

それは、死ぬためです。

 

西村賢太さんの急逝と、新型コロナ感染で、「」の足音をひしひしと感じています。

これが10年前なら、「死を考えるのはまだまだ早い」と思うのでしょうが、なにしろ、2年後には還暦を迎える私。日本の平均寿命まで生きるとして、あと約30年

この歳になると、30年がいかに「あっというま」なのかも分かっています。

しかも、30年を待たずに、明日死ぬかもしれない。

今のうちに、色々と準備をしておかなくちゃな……と。なにしろ、おひとり様だし。

 

一番の懸念は、猫姉妹

私が死んだあと、猫姉妹を誰に託すか。

人間関係の断捨離を行ってずいぶん経ちますので、猫を託すほどの親しい知人とか友人とかが思い当たらない。

あとは、著作権の問題もある。

自宅の処分とか、遺品の整理とかも。

仮に、自宅で孤独死したとしても、そのままでは「行旅死亡人」扱いされて、無縁仏になってしまう恐れも。せっかくお墓も買ったのに……。

自由気ままな「おひとり様」生活ではありますが、死後のことを考えると、「おひとり様」の場合、いろんな問題に直面します。

「どうしようかな……」とずいぶんと前から漠然と考えていたのですが、西村賢太さんの死が私の背中を押しました。

遺言書を作ろう!

私ひとりで作成すると、またグダグダと先送りしそうなので、弁護士さんに依頼することにしました。弁護士さんを執行人にし、弁護士さんのアドバイスの元、遺言書の作成にとりかかりました。

懸念の猫姉妹のことと、著作権のこともなんとかクリア。

著作権に関しては、私が死んだあとはフリーにするか、そのときに契約している版元に譲ろうと思ったのですが、それだと法的に色々と面倒なようなので(版元ごとに契約書を結ばなくてはならないらしい)、所属している日本文藝家協会に一括で譲ることにしました。

その証となる「死因贈与契約書」も結びました。

 

あとは、エンディングノート

これが、まあ、大変で……。

母が亡くなるちょっと前に、エンディングノートを渡したんですね。

「もしものときのために、これを書いておいて。でなきゃ、口座とか保険とかカードとかの解約がいろいろと面倒だから」と。

でも、結局、母は1ページだけ書き込んだだけで、挫折してしまったようです。

「お母さん! なんてこと!」

と、ちょっとイラっとしたのですが、いざ自分が書いてみて、思いました。

そりゃ、挫折するわ……。

市販のエンディグノートって、とにかく量が多くて、細々していて、複雑。それでいて、自分には関係ない項目もたくさんある。

もっと、簡素化できないものか?と、ネットでフリーのテンプレート拾ってきて、自己流に魔改造。それでも、28枚に及ぶ大作になりました!

これ、年老いたらちょっと無理でしょう……。

口座とか保険とかカードとか大量にもっている人はそれこそかなりの作業になると思います。

少なくとも、還暦すぎたら、口座とか保険とかカードは、それぞれ絞ったほうがいいと思います。

 

いずれにしても。

ようやく完成しました。

遺言書エンデイングノート

(長編小説一作、書き上げたような疲労感(;´д`))

 

 

それにしてもです。

死ぬって、生まれるより色々と面倒ですね……。

 

フライング視聴 鎌倉殿の13人 マドンナの条件

ああああ。いよいよ畠山重忠さんも。。。

 

それにしても、突然登場した大竹しのぶの存在感!

さすがです……。

 

政子さまの存在感も相変わらずです。

もはや、「マドンナ(聖母)」的な描き方で、あの頼朝すら凌駕している。

あの大江広元ですら、みごとに籠絡している様子。

頼朝も、「そなただけを頼りにしておるぞ」などと相手にラブコールを送り、メロメロにしていましたね。頼朝の「人たらし」テクニックを見事、受け継いでいます。

トップに立つ人には必要なテクニックです。

政子さまは、人知れず努力し、そのテクニックを磨いていた模様です。

そういえば、三善康信にも「本当はあなたにやってほしかったのだけど」などと、相手のプライドを巧みにくすぐっていました。

こうやって、日々、味方を増やしているんだろうな……と。

 

政子さまは、日本の歴史の中で唯一、象徴でも黒幕でもなく、実質的に権力の頂点にのぼりつめた女性です。

儒教の男尊女卑の影響が強かった江戸時代には「悪女」として散々叩かれたりもしましたが、まあ、間違いなく、日本史においては唯一無二の存在。

 

今は尼御台ですが、今後、尼将軍としてさらに存在感を増していく政子さま。

例の演説が今から楽しみです。

脚本の三谷幸喜さんは、個人的に政子推しなんじゃないかな……と思われるほど、かなり力を入れて描かれていますからね。

 

鎌倉殿の13人」、ますます目が離せない。

 

 

さて。

我が家の「尼将軍」、マリモさま。

この瞳で、日々、私を籠絡しています。

 

あなたにそんなふうに言われると、心が落ち着くわ。

(つか、はよ、ちゅーるをくれや)