真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモナミ)の最新情報

「まりも日記」 発売中!

「まりも日記」、ネット書店ではすでに発売中です。

リアル書店でも、早いところでは今日あたりから棚に並ぶかも?

虚実入り乱れた、美しい猫と愚かな人間たちのお話を

どうか、お楽しみください。

 ツイッターキャンペーンもはじまりました。

ツイッターのアカウントをお持ちの方は、どしどしチャレンジしてみてくださいませ!

 

そして。

試し読みはこちら!

 

kds-t.jp

 

さて。

「まりも日記」の自己解説を少しばかり。

はじまりは2010年、そして終わりは2021年。

この約10年間で、一人の売れない作家がブレイクして、そしてまた元の場所に戻ります。

(3.11からコロナ禍の10年です)

ラストは、私の作品史上、(ある意味)もっとも残酷で衝撃的かもしれません。

(でも、安心してください。「猫」は無事です)

簡単にいえば連作短編集ですが、短編と短編をつなぐように、猫目線の「閑話」が差し込まれています。

ひとつひとつの短編が猫という接着剤によってつながる…という趣向です。

ひとつひとつのお話は決して愉快なものではありませんが、「閑話」が「緩和」の役割を果たしておりますので、ぜひぜひ、猫と人間の10年ロマンスを見届けてくださいませm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

マリモさん、シャンプーの日

本日は、マリモさんのシャンプーの日。

コロナで延び延びになってしまって、約一年振りのシャンプーでした。

病院に行く気配を察知してか、朝からご機嫌斜めのマリモさん。

ちゅ〜るでなんとか宥めて、

汗だくで病院へ。

 

シャンプーの前日にブラッシングして毛をたくさんすいておいたのですが、

それでもなお、こんなに毛がw

道理で、部屋中にマックロクロスケが出没していたわけです。

f:id:mariyukiko:20210616002229j:plain

(画像は、病院のブログより拝借)

https://nanairo-ah.com/blog/trim/本日のトリミング🍀-62/

 

病院から戻ってきたら、

いつもは、ほとんど威嚇をしないモナミちゃんが

「しゃーしゃーしゃー😡」とマリモさんに威嚇しっぱなし。

たぶん、シャンプーでマリモ臭が消えちゃったので、知らない猫と思ってしまった模様。

猫、やはり、見た目より匂いで他者を認識しているんでしょうね。

攘夷か、インパール作戦か

news.yahoo.co.jp

 

今回のオリンピック開催を、

先の第二次大戦に喩えるおじさまが多く見られます。

中には、インパール作戦を例に出し面白がっているおっさん連中も。

でも、「オリンピック反対!」と唱える人たちの姿は、幕末の「攘夷」にも似て。

 

言うまでもなく「攘夷」とは、外敵(外国)を排斥すること。

が、結局は、「攘夷」の最先鋒だった長州は、外国勢の脅威にあっさりと「攘夷」を捨て「富国強兵」へとスローガンを転換します。

現在放送中の大河ドラマ「青天を衝け」では、まさに、攘夷運動が揺らいでいるところです。

水戸藩の一部が最後まで攘夷を掲げてテロをしかけていますが、世の中の流れはすでに「攘夷」ではないのです。

 

さてさて。今回のオリンピック開催。

過去のどの事例が参考になるでしょうか?

歴史は繰り返す…とも、温故知新…ともいいますが、

今回に限っては、参考になる「歴史」がないように思われます。

この新型コロナじたいが、まったく新しい感染症

スペイン風邪と比較する人も多いのですが(私もそうでした)、どうもそれとも違う。

今までの歴史の中では現れなかった、まったく新しい事象のような気がするのです。

もしかしたらこのままずっと新型コロナの猛威が続くかもしれないし、

逆に、奇跡のようにいつのまにか綺麗に消えてなくなるかもしれない。

どっちに転ぶかは、神様にも分からない状態なのでは?

こうなると、運を天に任せるしかないのですが、

とりあえずは、もう開催するしかないオリンピック。

ここは長州の機転の速さを見習って、「とりま、外敵(オリンピック)とうまく付き合う」ほうに舵を切った方がいいかもしれません。

 

 

亀、本気だす!

news.yahoo.co.jp

 

周回遅れなどとバカにされていた日本のワクチン接種。

「1日百万回」という目標を掲げてもバカにされていましたが、

ちゃんと達成したようです。 

周回遅れでも、ごぼう抜きの巻き返しはできます。

 

台湾へのワクチン無償提供もびっくりするほど早かったし、

ワクチン接種も着々と進んでいます。

なんか、最近、とってもスピーディ。