読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

表層地盤

ちょっと前に、NHKスペシャルでやっていた「表層地盤」。

熊本地震の際、明暗を分けた「揺れやすさ」の違い。

数メートルしか違わないのに、ある家は全壊し、ある家は無事で。

または、低い土地の家は無事だったのに、高台の家が全壊…。

それはなぜか。

もともと海だったり田んぼだったり川だったり、または盛り土をしたなどの地歴によって、粘土層の厚みが違ってきて、その厚みにより、揺れやすさが全然違ってくるという。

それは、見て分かる高低差とはまた違う、その土地に隠された過去。

なので、本来は揺れやすいとされた川沿いの家のほうが、高台の家より揺れが少なくなるケースもある。

今までの常識が覆る。

 

 

 

その「表層地盤」の最新データを見つけました。

「表層地盤」のタブをぽちっとしてみてください。

お住まいの地域はどうでしょうか?

www.j-shis.bosai.go.jp

 

しかし、これ、もっと早く知りたかった!

家を買う前にw

 

追記。

3.11のときは、T沢市に住んでいました。

アルバイト先はえらい揺れて、デスクもロッカーも棚もぐちゃぐちゃになったのに、自宅に戻ったら、なにひとつ変わったことはなく。

カップに飲みかけのお茶もそのまま。

棚の上の小物も倒れていることなく。

本も倒れていることなく。

で、「表層地盤」で確認してみたら、そのとき住んでいた地域は揺れに強いところでした。一方、アルバイト先は、揺れに弱かった。

…なるほど。