真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

藪の中

www.j-cast.com

 

「フランシーヌの場合」という歌を思い出したのは、私だけでしょうか。

 

フランス人の「フランシーヌ」は、政治、社会のあり方にノーを突きつける手段として、「焼身自殺」を選びました。それが、世界中の若者にある種の恍惚と衝撃を与え、日本では歌にまでなりました。

blog.goo.ne.jp

 

72歳といえば、学生運動真っ盛りのときに、青春時代を送っていることになります。

今回のこの爆死事件も、その時代の「空気」を引きずった、まさに団塊世代の暴走……という気がしなくもありません。

 

ただ、容疑者本人のブログとか裁判の記録とか読んでみると、「団塊世代の暴走」と単純に片付けられない。

長年に渡る「家族内戦争」と、そして三女の異常。そんな修羅場につけ込むかのように現れる、怪しい宗教。

……宗教。この辺が、80年代から今に続く「オカルト時代(精神時代)」を反映しています。

団塊世代の奥深くに染み込む「学生運動」の空気と、オカルト時代の要素が結びつくと、ここまで凄まじい事件になるのか。

 

それにしても、72歳の容疑者と、妻の証言があまりに違いすぎて。

一体、どちらがマインドコントロールされ、狂気の世界にいたのか。

……どちらともなのか。