読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

遺作

今、血圧をはかったら、久々に200超え…。

ここのところ安定していたのに。

やはり、こんな夜中までゲラ仕事していたせいです。

私の高血圧は、仕事と直結していることが証明されました。

 

私が、今死んだら、「祝言島」が遺作になると思います。

 

こんなにツライ原稿は初めてかもしれません。

もう、早く、「祝言島」から解放されたい…

切実。

ひよっこ

今週は、色々なフラグが立ちましたので「もしかして…」と思っていたら、やはり職場が倒産する模様。

就職して半年で、まさかの受難。寮の乙女たちののこれからを思うとこちらまで胸が痛みます。というのも、この時代、集団就職してきた乙女たちののかなりの数、夜の蝶となっていたからです。

工員として就職→職場が閉鎖または婚期を逃し職場に居づらくなり失職→飲食店でアルバイト→より高額な給金を求めまたは男に騙されてキャバレーへ…というお決まりのコースがあったのです。私が小さい頃は、周囲はそんな人たちばかりでした。母もその一人。


 今週の「ひよっこ」では、ミネコは赤坂の洋食屋で働くことになるんじゃないかという伏線がありましたので、もしかしたらミネコちゃん、ゆくゆくは赤坂の女帝に?

それはそれで面白いな…と。


さて、今日は、息抜きに、テラスでランチ。

f:id:mariyukiko:20170527140437j:plain

手足口病

手足口病が、密かに流行中らしいです。

夏風邪の一種で、口内と両手両足に水泡ができる病気で、特効薬はなく、ひたすら自然治癒を待つのみ。ですが、数日もすれば完治する病です。

 

で、思い出すのが、口蹄疫

2010年、口蹄疫にかかった牛を大量処分するという悲劇が宮崎でおきました。

この口蹄疫と、ヒトの手足口病は同じです。

なので、いつかは完治する。

ちなみに、ウィルスの遺伝子が若干違うのか、牛からヒトには感染しない模様。

なのに、なぜ殺されなくてはならなかったのか?

 

それは「牛」が売り物だからなのかもしれません。

完治したとはいえ一度でも病気にかかった牛を売るわけにはいかず、だからといって放っておいたらどんどん感染して、売り物としての牛が全滅する……ということなのかもしれません。

 

だとしたら。

もし、牛とヒトが逆の立場だったら?

手足口病にかかった大人はもちろんのこと、子供まで殺処分されるということです。

治る病気であるにもかかわらず。

そんなことを思っていたら、藤子・F・不二雄のこの作品を思い出し、再読中。

ミノタウロスの皿 - Wikipedia

 

新連載

徳間書店のPR誌「読楽」で、新連載はじまりました。

「坂の上の赤い屋根」です。

 

f:id:mariyukiko:20170525122053j:plain

f:id:mariyukiko:20170525122102j:plain

実際に起こった残虐事件をモチーフにしている作品なんですって。

……怖い

f:id:mariyukiko:20170525123228j:plain

重版通知

郵便受けを開けて、それが入っているときの嬉しさといったら!

「重版通知」

イヤミス短篇集」に、4回目の重版がかかりました!

 

ありがとうございます!