真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

欠点は宝

私と同じメフィスト賞作家さんが、読者に噛み付く…というニュースがありました。

作家さんのほうに非難が向きましたが、私としては作家さんの気持ちが痛い程分かります。

ビビリな私は、辛辣レビューした人に突撃することはしませんが。

でも、とことん陰湿な性格なので、意地悪なレビューを見つけては、デスノートにこっそり記しています。

 

さて。

作家デビューしたとき。担当さんに言われたのが、

「ネットで、自分の名前を検索しないこと。レビューを見ないこと」。

言われて、

「はい、分かりました」とは言ったものの、

エゴサーチしない作家さんなんているんでしょうか?

作家に限らず、表現者ならば、絶対気になると思うんです。

私は、担当さんに警告されたその日に、早速エゴサーチしていました。

まあ、辛辣な意見がザクザクと。

中には悪意に満ちたものも。

で、思いました。

「作家として続けていく…ということは、この不特定多数の悪意を華麗にかわす精神力を育てるということなんだろうな」と。

 

私も、若い頃は、映画や漫画を見ては、結構辛辣なことを言っていたものです。毒舌かましている自分ってカッコいい…と酔っていたというか。

当時はネットはありませんでしたから、身内や友人に言っておしまいでしたが、今思うと、かなりこっぱずかしい。

というのも、当時けちょんけちょんに貶していた作品が、今見るとかなりよかったりするんですよね。

もちろん、その逆もあります。

当時は手放しで「素晴らしい!」と評価していた作品が、今見ると「え?」と。

つまり、作品の評価って、相対的。

時代や環境や年齢によって、かなり変わってきます。

 

で、半世紀生きて、分かったこと。

「この世に、〝絶対的な〟傑作も駄作もない」

 

例えば。

「殺人鬼フジコの衝動」は、単行本として発売されたとき、けちょんけちょんでした。

「更年期少女」(みんな邪魔)も、読書メーターに最初についたレビューは「駄作」の烙印。

ですが、この二作は、後に、よく売れてくれました。もちろん、売れている=高評価ではなく、今もそのレビューの中には「けちょんけちょん」もたくさん含まれています。

 

「けちょんけちょん」なレビューを読むと、私の欠点(癖)をずばり指摘してくれています。

でも、思うんです。「欠点(癖)」こそが、その作家特有の「個性」になり得る要素なんだと。

一方、「長所」というのは、大多数の人がいいんじゃない?と認める折り合い点に過ぎません。つまり、平均的な要素。これは、「個性」にはなり得ません。

長所を伸ばすだけでは、人の記憶に残るような「個性」にはならないんです。平均的になるだけで。

平均的な作品を書けば、そこそこ評価はされるでしょうが、「そこそこ」で終わりです。

平均的な美しい顔が、まったく印象に残らないのと同じです。

 

私の作品でいえば、「登場人物が多い」「話がてんこ盛り」「話が入り組んでいる」という点が「欠点」としてよく挙げられます。

素直な人なら、「よし、この欠点を修正しよう」とするでしょう。

でも、天の邪鬼な私は、それをしないできました。

むしろ、「欠点」を磨いてきました。

「この欠点の中に、唯一無二の個性、私だけの作風が隠されているはず」と信じているからです。

 

そうして、今日もアマゾンレビューをチェックする私です。

下は、「お引っ越し」のレビュー。

見事、意見がまっぷたつw

 

 

f:id:mariyukiko:20171214012051p:plain

 

 

 

 

世田谷の例の事件をオカルト的に考察してみる

暮れになると思い出すのが、2000年の12月に起きた、「世田谷一家殺人事件」

です。2017年になった今になっても未解決事件。

で、買ってみました。

世田谷一家殺人事件 韓国マフィアの暗殺者 (角川文庫)

http://amzn.to/2BzhHi7

 

なるほど。

この事件、ヒットマンが実行犯であることは間違いなさそうです。

動機は、祖師谷公園拡張計画による立退料をめぐるトラブル。この動機も腑に落ちます。

では、ヒットマンに依頼した黒幕は誰か?

上記の本では、とある組織に属する人物を挙げていますが、私にはその線はちょっと無理があるかな…と。

 

ところで、事件現場になった家は、今も事件当時のまま保全されています。

祖師谷公園を拡張するために立ち退いてもらうはずが、事件のせいで拡張計画は棚上げ。

地図で見ると、なにやら不思議なことなっています。

公園の中に、ぽつんと一軒家が。

地図を眺めて思いました。

「もしや、真の黒幕は、〝土地〟そのものなんじゃないか?」と。

常日頃、その〝土地〟が持つ〝因縁〟を考えている、オカルト好きな私です。

 

ということで、この土地の履歴を検索。

もともとは、旧東京教育大学の農場跡地だったそうです。で、1975年に公園計画が実行され、開園。

ちなみに、この公園計画は1943年に立てられたもので、それから35年経ってようやく始動したというわけです。

が、その35年の間に公園予定地には住宅が建ち、(たぶん)計画していた規模よりも小さい公園しかできなかったんじゃないかと。

でも、公園計画があるかぎり、ここで諦めないのが行政。

なにがなんでも、計画を実行しようとします。

で、1991年より、公園を(予定通りに)拡張するために、住宅の買収を開始します。

事件が起きた現場の家も、2001年には立ち退きすることが決まっていたそうです。

 

ところで、この事件現場の家。ちょっとややこしい履歴があります。

それを時系列で並べると。

 

・前のオーナーが不動産ブローカーに騙されて、家を手放す。

・1990年、Mさん(事件の被害者)が、嫁の家族(姉夫婦と母)と共同で、家を中古で購入。

・Mさん一家と嫁の家族の二世帯が住めるように、改築(二世帯住宅)。

・2000年、Mさん、立退きの契約を締結。

・2000年12月、Mさん一家惨殺。

 

つまり、この家の元々のオーナーも、トラブルに見舞われて家を手放すことになったのです。

この土地に公園拡張計画があるのを知って、不動産ブローカーが狙っていたのかも。

聞いた話だと、一度立てられた公の「計画」は、必ずいつか実行されるんだそうです。そういう法律があるので、不動産ブローカーも「いつか、公園計画が再開したら、都に高値で売りつけよう」ともくろみ、元のオーナーから騙しとったのかもしれません。

それがどういう経緯でMさん一家の手に渡ったのかは分かりませんが、Mさんは、いつか公園に吸収されるであろうこの家と土地を購入したことになります。

そして、2000年。

都の立ち退き要請を受け、立退料を手にした途端、Mさんをはじめ、一家四人が惨殺されるという事件が起きます。

 

事件のせいで、公園拡張は棚上げ、中途半端な形で止まっています。

 

思うに。

この事件は、ある事情により解決することはないでしょうから(犯人が分かっていても)、祖師谷公園は永遠に、中途半端な形のまま放置される気がします。

こうなると、なにかとてつもない「大きな」力を思わずにはいられません。

「土地」の怨念とという力を。

この「土地」の目的はなんなのか。

それが知りたいところです。もっともっと歴史を遡れば、なにか分かるかもしれません。

 

そういえば。

事件が起きた数年後に、現場近くに謎の地蔵が置かれた…という事件もありました。

お地蔵さんは、なにかを伝えに現れたんでしょうか?

猫ベッドコレクション

マリモさんをお迎えするにあたり、猫ベッドを作ってみました。

検索してみたら、こんなサイトが!

matome.naver.jp

 

セーターでリメイクするというもので、とても簡単にできてしまいました。

で、そのときは張り切って二個作ってしまい、気がつけば、連載の締め切りが!

「猫のベッドを作っていたため、締め切りを一日延ばしてください」

などというふざけた理由で、締め切りを延ばしていただきました。

担当様、その節は、本当にすみませんでしたm(_ _)m

 

そのときのベッドがこれ。

No.1とNo.2

f:id:mariyukiko:20171128151130j:plain

 (上は、サイズも見ないでバーゲンで買ってしまったセーター。いやにバカでかくて、ベッドに)

 (下はマリメッコのワンピ。いつのまにか変な汚れがついてしまったため、ベッドに)

 

赤ちゃんマリモさんも、気にいってくれたようで、ぐっすりと。

f:id:mariyukiko:20171128151031j:plain

 

f:id:mariyukiko:20171128153734j:plain

 

で、いい気になった私は、季節ごとに次々とベッドを作っていったのです。

 

No.3

f:id:mariyukiko:20171128152052j:plain

 (マリメッコのカットソー。私のほうが一回り大きくなり、ぱっつんぱっつんになってしまったため、ベッドに) 

 

No.4

f:id:mariyukiko:20171128152220j:plain

 (マーガレットハウエルのセーター。とっても気に入っていたのに、間違って普通モードで洗濯乾燥してしまったため、3回りぐらい縮んでしまいました(´Д` ))

 

No.5

f:id:mariyukiko:20171128152623j:plain

 (これも洗濯しすぎて縮んでしまった、無印の寝巻き) 

 

No.6

f:id:mariyukiko:20171128152736j:plain

 (現役の無印部屋着でしたが、ちょっとくたびれていたので、ベッドに)

 

No.7

f:id:mariyukiko:20171128152945j:plain

  (現役中の現役。ノーブランドでしたが使い勝手がよく重宝してました。が、要らないセーターがなくなり、泣く泣くベッドに)

 

f:id:mariyukiko:20171128153017j:plain

  (でも、マリモさんが気に入ってくれたので、無問題)

 

好奇心の強いマリモさん、どのベッドも初めは警戒するんですが、すぐに馴染んでしまいます。

 

さて。

来月はマリモさんのお誕生日。

スペシャルなベッドを準備しましたので、お楽しみに!

既視感。

角界の暴行事件の影にすっかり隠れてしまった座間事件。

このフェイドアウト感は、昔のプチエンジェル事件を連想してしまいます。

 

ところで、座間事件が発覚したとき、なにか既視感があったんですよ。

スカウトマン、連続殺人、自殺教唆、SNSの悪用。

……なんか、どこかで見たような気がしていたんですが。

 

来年発売予定の「アルテーミスの采配」文庫版のゲラをチェックしていて、

「あ、これだ!」と。

自分で書いていて、すっかり忘れていた「アルテーミスの采配」の詳細。

改めて読むと、めちゃ面白い。

(ネットレビューではあまりよろしくないんですがねw)

でも、読み進めていくうちに

「あれ、これって……」と鳥肌。

座間事件と、流れが似てやしませんか?

まるで、座間事件を参考にして書いたような作品で、我ながら驚いてます。

(もちろん、参考にはしてません。三年近く前に書いたものですから。連載時期を含めるともっと前)

 

座間事件が起きた時、ネットで

真梨幸子が書きそうな事件だな」という書き込みをいくつか見たんですが、

私、もう書いてました……。

 

……だからなのか。

嫌悪を覚えると同時に、好奇心も疼いたのです、座間事件。

 

いやだいやだ。

きっと、犯人と同じ「闇」というか「ヘドロ」を抱えているんだわ、私。

 

 

これも、作家のサガ。

座間市の事件に、オカルトを見る 2

ツイッターでは「座間市の事件のことはもう話題にしない」と言いましたが、どうしてもこれだけは触れておきたい……と思い、不謹慎な内容ですが、綴ってみます。

 

さて。情報が出てくれば出てくるほど、さらに謎が深まるこの事件。

どうしても「単独」犯行とは思えない……というのが、世間の考えではないでしょうか。

臓器売買をはじめ、マニアを対象にした自殺ショーあるいは殺戮ビデオの撮影……などといろんな憶測が飛び交っていますが、「白石容疑者は末端の処理屋にすぎない」というのが、おおかたの推測です。

私もそう推測していますが、それでも、やはりどうも合点がいかない。

なぜ、首から上だけを残したのか。なぜ、二ヶ月に9人と短期間にこれだけの人を? なぜ、「首吊り」にこだわったのか。

そこで、ふと、目に留まったのが、デスクの上にある「蠱毒」という本です。

来年はじめに発売予定の新刊の資料のために取り寄せた本なのですが。

「あ、もしかして」

これって、「呪術」だったんではないか?と。

蠱毒とは、古代中国で誕生した、人類最強にして最凶の「呪い」です。

蠱毒 - Wikipedia

動物や虫などをツボに入れて共食いさせ、生き残った一匹を「蠱毒」とし、政敵や憎い相手を呪い殺し、その富を奪う……というものです。

その方法は地方や民族によりいろいろとあるんですが、基本になるのは「動物を残虐な方法で殺害し、その怨念を操る」というものです。

蠱毒は日本にも伝来し、安倍晴明などの陰陽師もその技を利用しましたし、また「狗神」などの憑き物筋も、「蠱毒」が大元になっています。

 

数年前に、「犬が首だけを出した状態で埋められていた」という事件がニュースになったことがあります。「動物虐待」として片付けられましたが、匿名掲示板などでは「狗神を作っていたんだろうな」と、話題になりました。

狗神の作り方が、まさにそれなんです。

犬を首だけ出して生き埋めにし、その前に餌を置いておく。悶え苦しみながら餓死するその直前に首を撥ねる……というものです

犬神 - Wikipedia

つまり、可能な限り残虐な方法で殺害し、その怨念を利用するのが「蠱毒」。

 

こんな事件も、私が小さい頃ありました。

生理用ナプキン(使用済み)を集めていた男がいた……という、ローカルな事件です。

これも、ただの変態男……ということで片付けられましたが。

もしかしたら、「蠱毒」と関係しているかもしれません。

なぜなら、穢布(月経血が付着した布)は蠱毒の魔よけとして、重宝されてきたからです。

 

で、座間市の事件。

もしかして、どこぞの権力者や大金持ちが、この「蠱毒」を欲しがっていたんじゃないかと。しかも、短期間に。それを調達しようとした組織が白石容疑者を手下として……。

考えすぎでしょうね。

でも。

アフリカなんかじゃ、いまだに、「呪術」や「祈願」のために人間が殺されています。

blogos.com

白い黒人を食べると幸せになれる……という言い伝えが、今も生きているのです。

 

でも、まさか、先進国でそんなことが……。

いえ。先進国だろうが発展途上国だろうが、権力やお金を持つ人ほど、「呪術」や「スピリチュアル」に依存するものです。

有名人や大金持ちほど、数珠のような(パワーストーン)ブレスレットをしているのはそのせいです。

 

座間市の事件でも、白石容疑者は、被害者の「年齢」と「住んでいる場所」をしつこく確認していた……との情報もあり、それはもしかして、「占い」的に、干支と方角を気にしていたからもしれません。

 

ちなみに。

この事件が「蠱毒」だったとしたら、黒幕は「女性」かもしれません。

なぜなら、蠱毒を作る蠱毒師は、「女」に限るからです。

 

やっぱり、考えすぎでしょうか。

 

考えすぎでしょうね。

 

小説家ですから、どうしてもこんなことを考えてします。

私もたいがい、鬼畜です。

 

追記。

一度、「呪術」に手を染めたものは、死ぬまで、人を呪い続けなくてはならない(殺し続けなくてはならない)。これは地獄です。なので、蠱毒を手に入れた者は、いつしかその「蠱毒」を手放そうとするんだそうですが、蠱毒はなかなか離れてくれない。つまり、操っているつもりが、操られる立場に。

人を呪わば穴二つ。

 

 

追記2

被害者の方の画像も公になりましたが、毎回思うんですが、これって必要なのかしら…。

なんだか、本当に、痛々しい。

どの画像も卒業アルバムからなんでしょうか。笑顔。

本当に、本当に痛々しい。

ご冥福を心より、お祈りします。