真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモナミ)の最新情報

vlog、はじめましたm(_ _)m

めちゃめちゃ、お久しぶりですm(_ _)m

 

約、一年ぶりでしょうか?

 

さて。

私、vlogをはじめました。

 

vlogってなんぞや?

 

私も、最初は「?」でした。

でも、〝vlog〟で検索すると、

まあ、出てくる出てくる……。

どうやら、世界的なブームのようです。

 

vlog〟とは、

ビデオブログ(Video blog)のことらしいです。

 

そもそも、〝ブログ〟ってなに?

えーと。

 

そんなことも知らずに、

やれ「ブログをはじめたからよろしくね!」とか

やれ「ブログのアクセス数が伸びない……」

などと言っている日本人のなんと多いことか。

 

……私もそうでした(⌒-⌒; )

 

で、Wikipediaによると。

 

『ブログ (blog) は、World Wide Web上のウェブページに、覚え書きや論評などを記すウェブサイトである。「WebにLogする」のウェブログ (weblog) をブログ(Blog)と略称する』

 

つまり、〝覚え書き〟なんですね。

その覚え書きを、ビデオで記録したものを

vlog」と呼ぶんだそうです。

なんでもない日常的なことや

なんでもない暮らしぶりを紹介する動画。

それがvlogです。

 

去年の末、バズった「阿佐ヶ谷姉妹のモーニングルーティン」は、

まさに、vlogのパロディでした。

モーニングルーティンは、

vlogの人気コンテンツで、

世界的にブームです。

 

さてさて。

なぜ、私がvlogに出会ってしまったかというと。

小説宝石3月号」(2020/02/22発売)でスタートする新連載の取材がきっかけでした。

主人公は、動画配信で小金を稼ぐ、無職の喪女。

その設定をリアルにするために、ありとあらゆる動画を見まくったんです。

そして、気がつけば、

私自身が、

すっかりvlogにハマってました。

 

だって、癒されるんだもの……。

癒されたいお年頃なんだもの……。

 

そして、とうとう。

見るだけじゃ飽き足らず、

小説そっちのけで、vlogを製作してしまったわけです。

 

年末年始と仕事が詰まっていて、

ストレスが溜まっていたのも

vlog製作に走った原因の一つです。

このままでは、本業(小説)が嫌いになる。

嫌いになったら、精神を病む可能性も。

その前に、生活できない! 貧乏はいやだ!

 

そうならないためにも、息抜き(趣味)が必要だ……!

と、いうことで、

vlogを趣味にしようと、決意したのでした。

 

vlog

見るのも癒されますが、

作っているときも、癒されます。

 

なにより、

自然と「正しい生活」をしてしまうのです。

 

今では、

テレビを見る機会もすっかり減りました。

生粋のテレビっ子の私が、です。

24時間、テレビをつけっぱなしの私が、です。

これは、事件ですね。

 

vlogに慣れると、

テレビの番組が騒々しく感じてしまうのです。

ギラギラしすぎて、目がちかちかしてくるんです。

歳のせいかしら?

いいえ。時代です。

時代は、今、間違いなく

「癒し」にシフトしています。

 

ということで。

小説では、多くの人を不愉快の海に投げ入れている私ですが、

vlogでは、「癒し」の海にお誘い。

凪の海で、

仕事の疲れを癒していただけたら、

幸いです。

 

www.youtube.com

 

霊界オレオレ詐欺

留守番電話の怪は、つづく。。。 - 真梨幸子mariyukiko’s blog

 

を書いたその日の夜。

 

母から電話が来た夢を見ました。

「私、私だってば。分かるでしょう? 私よ!」

その声は、明らかに母のものでした。

いや、でもちょっと待て。確認する必要がある。

「じゃ、私の干支は何? 生年月日は?」と質問すると、

電話は切れてしまいました。

 

まさかと思うんですが。

霊界にも「オレオレ詐欺」が横行しているんではないでしょうか?

故人の夢を見させて、そして

「あなたには悪霊がとりついている。いますぐ、お金をどこそこに振り込みなさい!」

とか、

「あなたの未来は暗い。それを打破するには、今の仕事を辞めて巡礼の旅に出なさい!」

とか。

そんなことを故人の声で言われたら、かなり気にしちゃいますよね。その通りにしちゃう人もいると思います。

中には、

「この世を浄化するために、人をたくさん殺しなさい」

なんて言われることもあったりして。

 

いずれにしても。

夢の中で知っている誰か(故人)から電話がかかってきたら、

確認することが大切です。

「干支は?」「生年月日は?」

などなど。

言い淀んだら、それは、霊界オレオレ詐欺です。

留守番電話の怪は、つづく。。。

留守番電話の怪 - 真梨幸子mariyukiko’s blog

 

の続きです。

 

本日は、「おひとり様作家、いよいよ猫を飼う。」の打ち上げランチ。

 

「母の危篤を告げる留守番電話が、何度再生しても未再生となる」という話を振ったところ、

「不思議ですね…」と担当さん。

でも、まあ、ちょっと半信半疑って感じです。

そりゃそうでしょうとも。

私も、半信半疑なんですから。

 

で、その二時間後。

私たちは、ぶらぶらと花見ウォーキングをしたあと、小さなカフェに入りました。

で、お茶を飲んでいると。

NTTから、「未再生の留守番電話があります」という例のメールが。

背筋が凍りました。

恐る恐る、留守番電話の履歴を見てみると、

またもや、

「母の名前 12月22日」

の欄に、未再生のマークが。。。。

 

その瞬間に遭遇した担当さんも凍り付きました。

 

もう、こうなると、私の勘違いでも幻でも夢でもなく。

現実です。

 

ちなみに。

担当さんも、怪現象に見舞われたようです。

「磁場がおかしいんでしょうか?」

そんなメールが、先ほど届きました。

 

留守番電話の怪

携帯電話(スマホ)に留守番電話のメッセージがある場合、

「留守番電話」の履歴に、メッセージを残した人の名前または電話番号が表示されるのは言うまでもありません。

未再生の場合、その名前(番号)にマークがつく。

再生すると、マークが消える。

 

さて、ずぼらな私は、スマホをカバンの中に入れっぱなしにしたり、

部屋のどこかにやったりして、着信音に気がつかないことが多々あります。

で、丸一日経って、留守番電話に気がつくことも。

 

母が危篤になったのは、去年の12月22日の20時過ぎ。

それを伝える電話が弟からあったんですが、私は気がつかず。

で、留守番電話に気がついたのは、日付変って23日の深夜でした。

履歴を見ると、母の名前が表示されています。

弟が、母の携帯からかけたからです。

再生すると、母の危篤を伝える弟の声でした。

 

そして、母が亡くなって何日かして。

留守番電話のメッセージがあることを示すアイコンが表示。

履歴を見てみると、

母の名前に未再生マークがついています。日付は12/22。

「あれ?」と思いながらも再生すると、

弟の声が。聞き覚えがある内容。

そりゃ、そうです。一度再生してますから。

おかしいな…。再生済みなのに、なんで未再生マークが?

 

それからまた何日して。

NTTから、

「未再生の留守番電話メッセージがあるから、再生してね」的なお知らせが届きました。

留守番電話履歴を見ると、またもや、

母の名前に未再生マークがついています。日付は12/22。

「あれ?」と思いながらも再生すると、

弟の声が。聞き覚えがある内容。

そりゃ、そうです。もう二度も再生してますから。

 

それからまた何日かして。

留守番電話履歴を見ると、またもや、

母の名前に未再生マークがついています。日付は12/22。

(以下略)

 

留守番電話サービスの不具合か?

それとも削除しろということか?

(ズボラな私は、留守番電話を再生したあとも、そのまま残しています)

でも、他の再生済みメッセージではそんなことはない。

 

そして、昨日。

留守番電話履歴を見ると、またもや、

母の名前に未再生マークがついています。日付は12/22。

 

もう、さすがに、ちょっと怖くなってきた私です。

でも、削除することもできず。。。