真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモナミ)の最新情報

サイコパスの特徴

news.yahoo.co.jp

 

詳細を知れば知るほど、

「これ、私が書きました?」と、拙著を読み返してしまいたくなります。

「みんな邪魔」(更年期少女)に出てくる、あるエピソードに恐ろしく似ているからです。

 

なにも、私が予言したわけではありません。

「みんな邪魔」は、私の身近で起きたトラブル、実際の事件、そして裁判傍聴でたまたま聞いたことをミキサーにかけて、再構築したもので、

つまり、

「現実」に起こったことを元に書かれています。

 

ということは、

こういう「洗脳」事件は珍しいものではなく、大昔から、ちょくちょく起きていたものだと思われます。

その最たるものが「宗教」で、そして「戦争」。

さらには、「職場」。ノルマがきつい職場ほど、「洗脳」は活発化します。

ご近所、友人、家族、師弟、先輩後輩なんかの関係でも、「洗脳」は起こりがち。

 

ちなみに。

洗脳しがちな人は、なにも、頭がいいわけでははありません。

他者を洗脳してしまう才能を生まれながらに持っているのです。

そう、「天然」なんです。

そういう人は、ターゲット(寄生先)を見つけるのも、天才的うまいのです。

 

さて、

洗脳しがちな人(サイコパス)には、ある特徴があります。

 

■やけに明るい。社交的。話がおもしろい。ノリがいい。

■ムードメーカー。

■話を盛りがち。

■声が大きい。

■自分の話ばかりをする。

■自虐的な話も多い。

■嘘つき(知り合いに有名人がいる……など)

 

つまり、優秀な営業タイプの人に、サイコパスは多い。

もちろん、営業=サイコパス

ではないのですが、

でも、優秀すぎる営業さんは、ちょっと疑ってみたほうがいいかも。

 

つまり、「サイコパス」気質の人は、

一緒にいると楽しいんですよね。

だから、ターゲットもどんどん寄っていく。

ハエ取り紙のような人なんです。

 

身体的にもある特徴があり、

私が過去、「あ、この人、やばい」と思った人は、ほぼ、その特徴を持っていました。

赤堀容疑者も、まさにビンゴ。

危機管理の強い人なら、絶対に近づかないタイプの悪人の典型です。

 

そういえば。

私がまだ売れてなかった頃、副業で派遣社員をしていたのですが、

ある派遣先でとんでもないサイコパスに遭遇。

しかも、一人ではなく、複数人!

一週間で胃に穴を空けた私は、

どんなペナルティを背負わされてもいい!という覚悟で、

「やめさせてください」と、派遣会社に直訴。

散々叱られましたが、

こういうときは、逃げるが勝ち。

下手に「我慢しよう」とか「頑張らなくちゃ」と責任感を出すと、

人生を差し出すことにななります。

 

 

 

追記。

 

サイコパスの特徴の追加。

サイコパスは、一見、話がおもしろくて魅力的なので、取り巻きもたくさんできるんですが、でも、それは最初だけ。

たいがいの人は、すぐに

「なんか、あの人、変」と、違和感に気がつきます。

私が遭遇したサイコパスさんたちもそうでした。

取り巻きたちが、次々と去っていくのです。

その理由は様々で

「お金を貸したのに、返ってこない」だの「時間を考えずにしょっちゅう連絡がきて、付き合いきれない」だの「嘘が多い」だの「約束を何度も反故にされた」など。

そう、普通の人ならば、サイコパスだとすぐに気がつきます。

でも、気がつかない人がいる。

そういう人は、極度のお人好しか、NOと言えない気弱な人。さらには、弱みを握られてしまった人。

そういう人がターゲットとなり、とことん、搾取されてしまうのです。

あなたの近くに……

www3.nhk.or.jp

 

news.yahoo.co.jp

 

www.tokyo-sports.co.jp

 

北九州連続監禁殺人事件、同じく北九州の黒い看護婦事件、

そして、尼崎事件に似た事件が、また……。

嘘でターゲットを孤立させ、とことん搾取、

そして、殺人。

 

というか、こういう事件は、発覚していないだけで、

かなりの数、起きているのではないかと予想。

人間関係あるところに、悪人あり。

真水も、一滴の墨汁が垂らされたとたん、灰色と変わります。

たった一人の「悪人」の存在で、

普通の人々が狂気にかられる。

 

見回して下さい。

あなたの周りにも、いませんか?

 

 

馴れ馴れしく距離の近い人。

「こうしたほうがいいよ」と、やたらアドバイスしてくる人。

嘘をつく人。

(言い訳が多い人)

そして、お金や物をやたらと借りる人。

 

 

そういう人がいたら、

いちもくさんに逃げて下さい。

なんなら、引っ越ししてください。

 

あなたは、ターゲットにされています。

 

 

追記。

 

しかし、この手の事件、

なんとなく、西日本、特に福岡県に多い気がする。

なんでだろう……。

いろいろと、調べたくなります。

 

歩くひと

なんとなくつけていたテレビ。

さあ、寝ようか……と思った瞬間、

妙な番組がはじまりました。

ドラマ? ドキュメンタリー? 散歩バラエティー

なんだかよくわからないけれど、どっぷり堪能してしまって、

気がつけば、もうこんな時間!

 

「歩くひと」

 

これ、めちゃ、はまります。

 

ある男が、ただ歩いているだけなんです。

セリフもほとんどないし、ストーリーがあるわけでもないし、

効果音も、BGMもなし。

 

なのに、ハマります。

 

明日も、集中再放送するようなので、

お時間のある人は、ぜひ。

 

www.nhk.jp

死都日本

なんで、急に火山の話になったかというと。

一昨日あたりから、急に、「火山」関係の動画をオススメされ、

そして、「死都日本」をオススメされるようになったからです。

それまではそんなことはなく、はじめてのこと。

「はて。私、火山関連のことを検索したっけ?」

と、首を傾げながらも、「死都日本」(電子版)をポチッたというわけです。

メフィスト賞作品ですし、いつかは読まないと……と思っていたので。

 

「死都日本」は2002年の作品なのですが、

今読むと、とても予言めいたことが書かれています。

日本全国が熱に浮かされたようになり、突然「政権交代」が起こり、新興政党(日本共和党)が政権を握ります。

その政権交代を、「踊狂現象」だというのです。

「踊狂現象」とは、数百万人を超える大集団が同時多発的にハイテンションで踊り狂い、伊勢参りするという日本独特な現象のこと。

「お蔭参り」とか「ええじゃないか」とかでよく知られているあの不思議な現象で、古来、何回か起こっているんだそうです。

しかも、その踊狂現象が起ったあとには、必ず破滅的な大地震や大噴火に見舞われている……というのです。

踊狂現象とは、災害の多い日本人が身につけた、一種の災害予知能力なんでは?と。

で、突然の政権交代も、「踊狂現象」のひとつで、これは大災害の前触れに違いない……ということで、物語が進んでいくのですが。

 

ぞっとしました。

だって、現実にも、本当にあったじゃないですか!

政権交代

あのときのことはよく覚えています。

日本中が、マスコミの音頭のもと「政権交代政権交代!」と踊り狂っていました。

まじで、私はドン引きしてしまいましたよ。

「どうした、日本人?!」と。

それが、2009年のこと。

そして、2011年には、未曾有の大地震東日本大震災が……。

「死都日本」と、同じような展開です!

 

そして、今。

同じようなことが起きていることに気がついてしまいました。

そう、「踊狂現象」が。

それは、去年のことです。

突然、降ってわいたような大ブームが巻き起こり、

あっというまに、興行収入日本一を叩き出してしまった、

鬼滅の刃」ブーム。

 

私は、それまで、そんな漫画(アニメ)があったことも知りませんでしたし、

なんで、こんなに急に大ブームになったのか、不思議で仕方ありませんでした。

ジブリ作品とかならば、それまでの実績もあるし、知名度もあるし、なにしろ大手広告代理店を筆頭に、製作委員会には大手企業がぞろぞろと名前を連ねていた。

だから、興行収入で一位をとっても不思議ではないのですが。

鬼滅の刃」ってなにそれ?美味しいの?……な低い知名度から、突然のあの大ヒット。

しかも、製作委員会の形ではなく、単独制作。

大手広告代理店もバックについていない。

どう考えても、興行収入一位をあっというまに塗り替えるほどの大ヒットにつながる要素はないように思われます。

作品の内容だけであれだけヒットするのは、現在の市場システムでは奇跡的なことです。

いったい、あの熱量はどこから生まれたのか?

 

 

これは、もしや、令和の「お蔭参り」なんでは?

 

なんだかよくわからないけれど、みんなで映画館に行こう!

ええじゃないか、ええじゃないか、ええじゃないか!

 

……だとしたら。

大災害、使いうちに来ると思います

要警戒です。

 

 

……知らんけど。