真梨幸子mariyukiko’s blog

【公式】真梨幸子(&マリモさん)の最新情報

今年もよろしくお願いします

なんだか、かなりのご無沙汰になってしまいました。

気がついたら、2019年。

去年の秋口から年末進行の前倒し仕事に追われ、

それらをバッサバッサと華麗にやっつけ、

ようやく年賀状も投函し、

やれやれ、ようやく一息つける…と思った年末、事件が次から次へと。

結局、一息つく間もなく、年が開けてしまいました。

 

で、最も大きな事件は、母の危篤です。

この一年、入退院を繰り返してた母ですが、いよいよ心肺停止。

その報せを受けて病院に駆けつけると、

チューブだらけの痛々しい姿で横たわっていました。

 

心肺停止はしましたが、心臓マッサージで蘇生、

チューブだらけになって、なんとか命をつないでいる状態でした。

終末医療の現実を思い知らされました。

 

こんな状態で、辛いだろうな。

本来なら、心肺停止した時点で寿命。そのままあの世に逝ってしまったほうが、本人的にはよかったんじゃないか?

医学の進歩で生き返らせてしまったが、こんなチューブだらけで、本人はどう思っているのだろう?

 

それをどうしても本人から聞きたくて。

 

本日、お見舞いにいってきました。

相変わらず寝たきりで、チューブにつながった状態ですが、会話はなんとかできるまでに回復。

 

訊くなら今しかない!と思い、

「心肺停止したのは、覚えている? 一度、死んだんだよ?」

すると、

「うん」

なんでも、病室の天井から、故人となった親族がぞろぞろやってきたんだそうです。

で、一番仲の良かった姉が手を差し伸べてきて

「こっちに来る?」と。

母がその手をとろうとした瞬間、

はっと、目が覚めたんだそうです。

見ると、白衣を着た医者が、チューブを持ってこっちを見ている。まるで、金棒を持った鬼。

そのチューブはいや。痛いのはイヤ…と、母は死んだ振りをしようとしたんだそうです。

が、チューブがこっちにやってきて、思わず、

「いやだ」

と、払いのけてしまった。

つまり、死んだ振り、失敗。

そして、気がつけば、チューブだらけに…。

できれば、あのまま姉の手をとって、あっち側に行きたかったと、母。

でも、生き返ってしまったのは、きっと、こっち側に未練があったんだろうな…とも。

 

いずれにしても。

死の執行猶予を与えられた母。

その期間がどのぐらいなのかは分かりませんが、

この機会に、伝えたいことはすべて伝えておいてほしいものです。

 

あ、そして。

お迎えに来たあの世の親族たち。

みんな、それぞれ苦労の末、苦渋に満ちた最期でしたが、

母をお迎えにきた彼らは、みな幸せそうな顔をしていたそうです。

その様子を見て、

死ぬことはもう怖くない…と思ったんだとか。

 

臨死体験をした人はみな、そう言います。

「もう、死ぬのは怖くない」

と。

 

いったい、脳にどういうプログラムが仕込まれているのか分かりませんが、

臨死体験は、幸福感に充ち満ちているんだそうです。

脳内麻薬のなせる業かもしれません。

 

それとも。

本当に、「あの世」はあって、

そこは、楽園なのかもしれません。